人気ブログランキング |
2007年 04月 03日 ( 1 )
07.4.3 カンザシ君の謎
久々に大陸から入ってきた寒気のおかげで、北風ビュービュー!!
最高気温が昨日より約10℃も低い、沖縄地方。。。真冬並みの寒さっす。

さすがに、この気温差はテンション上がらナイなぁ~~。
って事で、一日ダラダラ過ごしてしまい・・・そのくせ先ほどからビールを“プシュッ”とな。

・・・寒くても、そこは沖縄(?・・笑)美味いっス。

07.4.3 カンザシ君の謎_b0100730_21595294.jpg『カンザシヤドカリ』

先日載せた
サンゴに住み着いてる
ヘンテコなカニ・・・は
07.3.29 ミクロ
甲殻類の専門家“コマさん”が
サンゴヤドリガニの仲間とコメントにて
教えてくれましたが

普段、僕らが目にする
サンゴの穴に棲んでる甲殻類
として一番目にするのが
『カンザシヤドカリ』でしょう。

被写体としても人気大!

この、カンザシヤドカリたち・・・
“カンザシゴカイ類の
空の棲官にすむ”として
広く、認知されてるけど。。。
そんな都合よく
体のサイズに合った
穴ってあるのかね??

そう考えると、不思議な話だよね~。需要と供給とか(笑)
卵から孵化して、しばらくプランクトン生活をし、変態を経て巣穴を見つける・・・ハズだけど。。。(?)
不動産屋も無い海中で、ちょうどイイ穴を見つけるのは大変な事だと思う。


あと、前々から気になってたんだけど普通、ヤドカリの仲間は成長につれて宿貝を変えていくじゃない!
この子らはどうしてるんだろ?

なんか、特殊な体液でサンゴ溶かすとか?
それとも、ご近所さんから穴を奪うとか?
日々、成長に合わせて自分でサンゴ削ってるとか?
良い物件が見つかるまでジッと耐えるとか?

僕の、勉強不足で、アレですけど・・・改めて、こいつらの生活史も謎な存在だな~って、思った。
タグ:
by sensuiannai285 | 2007-04-03 23:00 | 海の生物雑談 | Comments(6)