タグ:ウミウシ ( 412 ) タグの人気記事
07.2.22 先日のウミウシ
今日は2月の2並びですね、きっと、何かの日なのかな??

うぅ~~・・・今日は予報が当たってしまって(笑)朝からシトシトシトシト。。。
空気も冷たい。ウダウダしてたら、海に行くタイミングを逃した。

先日撮ったウミウシの名前を調べたり、写真整理したり
まだ、ブログでは紹介してない僕的不明種な魚を調べたり、な一日。
で、今日はそのウミウシを放出!


『ホシゾラウミウシ』
b0100730_20115382.jpg

















アチコチで見かけたが、やや大きいのでドアップで撮ってみた。
青系の体色に赤い触角が映えるね



『キャロットシードミノウミウシ』
b0100730_20232663.jpg

















小さかった。。。しかし、変な名前。



『ハナビラミノウミウシ』
b0100730_20322859.jpg

















背中の突起、いわゆるミノに透けぇて見えるのは消化腺らしいのだけど・・・長っ。
食べ物から得た毒素を取り込むために、こんな長さが必要なのかな??



『クロモドーリス・ヒントゥアネンシス』・・・標準和名はまだ無い
b0100730_2044268.jpg

















グニュって縮こまってて可愛かった。
ウミウシもまだまだ和名が無く、学名で呼ばれる種も多いけど
学者ではない、一般ダイバーが学名の存在を広く知る良い切っ掛けだと思う。


『テヌウニシキウミウシ』
b0100730_20551216.jpg

















派手な体色で砂地を這ってたんで目立ってるけど~!!



『コノハミドリガイ』
b0100730_2154573.jpg

















恋の秘め事か・・・
稀種らしいので、二人が出遭うまでに色んなドラマがあったに違いない。



『???』
b0100730_2115518.jpg


















とても小さく、地味だけど、ドアップで撮ると面白い形なのが分かった・・・けど。。。
結局、調べ切れなかった。。。なんじゃコイツ??情報求む!


ウミウシばかりだとあまり、文章が思いつかないんで、画像を大きくしてみた(笑)
これからも、文が浮かばない時はこの作戦で行こう!!
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-02-22 21:32 | 海の生物雑談 | Comments(10)
07.2.13 晴れてるうちに
b0100730_22313758.jpg南東の風が
やや強い一日で

雲もやや多かったけど

西海岸は
まぁ凪ぎと言ってもいい状態。


明日は
全国的に
春の嵐・・・??

雨の予報だったので
コンディションの良い
今日のうちに
2本潜ってきた。


久々に、魚中心に撮るつもりが、目はどうしてもヤドカリを探してしまう。。。
ただ、最近ヤドカリばっかりで・・・皆が飽きると普及活動にならないので(笑)

他に目に付いた“ウミウシ”を載せときま~す

『サラサウミウシ』
わりと大きくなるので見応えある種。他にも縁が黄色いバージョンの個体もいたけど
縦位置で撮ってしまったのでノーマルバージョンを。
b0100730_2243438.jpg


『モザイクウミウシ』
このコは成体だろう。4~5cmあったので撮りやすかった。
モザイクなので目を細めてお楽しみください(笑)
b0100730_22494631.jpg


『シモフリカメサンウミウシ』
名前が見事に特徴を表してて、普通種だけど人気がある!
背中にドーンとある亀マークが解るかな?ちなみに頭は右下を向いてる状態。
b0100730_22524134.jpg


『コウシンウミウシの幼体』
一見、イボウミウシなのに、「二次鰓がある?!」って思っちゃうウミウシ。
成体はとんでもなく大きくなる(40cm程)と言うが見たこと無いなぁ。。。もっとも幼体もめったに見ないけど。
b0100730_232519.jpg


他にも小っちゃいのも見つかるのだが・・・僕のカメラじゃ撮れない。。。(笑)
b0100730_2361495.jpgb0100730_2363265.jpgb0100730_23101415.jpg












左から『シロウサギウミウシ』 ・ 『サキシマミノウミウシ』 ・ 『ネアカミノウミウシ』
で、OKなハズよ。(笑)
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-02-13 23:14 | 今日の海情報 | Comments(6)
07.1.14 今日はスクーバで
高気圧のへりに当たるという事で、「全般的に曇るでしょう」と言う予報。

でも、昼間は思ったよりも日の射す時間の多い、気持ちの良い一日になった。
風は北寄りなので、それなりに寒いし波もある海況だったけど、今日は久々にタンク背負って潜った!

自分の中では、“あるエビ”の写真を集めるって、課題を持って入ったけど、この時期は数が少ないようだ。。。
で、そのエビの話は、もう少し情報収集&写真を集めて、尚且つ機会があればってことで(笑)

b0100730_18275280.jpgなので
別に撮った生物を

『ミゾレウミウシ』
沖縄では
それ程、季節に関わらず
いつでも見ることの出来る
ウミウシ。

ただ、この写真のコは
背中の模様が少し乱れて
外側の黒線が二重になってる。

ネットで画像を検索してみると結構(と言っても微妙に・・・笑)変異のあるウミウシみたい。改めて知った。。。




b0100730_19363389.jpg浅いリーフでは
波が入って
体が安定せず苦労したけど

『メガネスズメダイ』の幼魚
幼魚は頭頂部から尾柄部にかけて
赤い部分があって
そこに青いスジが何本も入って
印象的!!し・か・し・・・
コイツも大人になると地味~
に、なってしまって、慣れないと
オジロスズメとの区別が難しくなる

赤が入るスズメダイって意外と少ないし、結構キレイなんだけど
当たり前に居すぎて、誰からも注目されることは少ない・・・
浅い所に棲むし、すぐ隠れるので撮るには粘りが必要だ。。。
しかし、この“幼魚の特権!!の時代”を是非ゲットしたくて(笑)

波にやや揉まれながら写真を撮ってる僕を見て
他のダイバーは「この人、どんなに珍しい魚を撮ってるんだろう」と思ったはずね。。。(笑)
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-01-14 18:55 | 今日の海情報 | Comments(9)
06.12.18 ウミウシの顔
昨日までのビュービュー!ゴーゴー!!の風はだいぶ落ち着き
時折、日も射し暖かくも感じた今日。海はまだ時化てるのかな?その辺ミカクニン。

数年前、素晴らしい図鑑の発刊によって、大ブレイクした(いや、現在もブレイク中の!)“ウミウシ”

その衝撃的な図鑑の出る前は、図鑑を開いても『ウミウシの仲間』としか載ってなかったり
掲載されてる種類も少なくて、興味を持つダイバーも少なかったのにね(笑)

図鑑が充実してると調べる楽しみが増えるし、新種か?珍種か?ってワクワクしたり
そんな楽しみ方を追求するタイプの多い日本人のツボにはまったんでしょうね。
デジカメの普及と“撮りやすい被写体=ウミウシ”ってタイミングも絶妙だったしな~。

で、そんな観察・撮影する機会の多くなったウミウシ達ですが
ウミウシの顔まで見てる、もの好きな方も結構いますかね?

実は
b0100730_22553575.jpgウミウシの顔をよく観ると
しっかり、目が確認できる
(分かりやすいトコに目がある)
種類がいます。
この“目”がどの程度見えてるのか
僕には分からないけど
“目”があるだけで親近感が湧かない?
知能も高そうに見えるし(笑)

『ヒオドシユビウミウシ』
コイツは目周辺の模様や体型のおかげで
特に顔っぽい部分を持つウミウシ。



b0100730_2385014.jpg『クロヘリアメフラシ』だって
よく観ると“目”が、ほら!

b0100730_23183665.jpg











ウミウシの種類によって目のついてるトコが少しずつ違うので
他にも写真無いかな~って探してみました。
b0100730_2133234.jpg『ミガキブドウガイ』
コイツはわかり易いかな?黒いチョンが一対

b0100730_21354070.jpg










もちろん、目がどこにあるのか分からない種類でも可愛いヤツはいっぱいいますが
せっかく、観たり、撮ったりしてるんだから、ウミウシの顔にも注目したら面白いかもねって話しでした~。
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-12-18 23:31 | 海の生物雑談 | Comments(6)
06.12.7 土砂降り前に1本!
お昼過ぎから前線の通過に伴い、大雨・突風・落雷な午後。

僕は午前中だけ海に出てた。

その時間、雲は厚かったが、嵐の前の静けさで西海岸はとても静かだった。
昨日が年内最後のチャンスか?と思ってたけど、神様は僕にチャンスをくれたようだ。

b0100730_20124038.jpg昨日のリベンジをと考えたけど
水中が暗いのでピンが合わず
写ってても暗い。。。

写真の『スミレナガハナダイ』
のように、暗~い写真を連発。
水中ライトを忘れてきたのも痛かった・・・
狙ってたフカミスズメも、シロボシスズメも
全然、写せずだ。。。

スミレナガハナダイは
“どアンダー”に写っても「妖艶な感じね」
で誤魔化せるけど(・・・???笑)

b0100730_20185662.jpgb0100730_2019919.jpg









(左)『アカオビサンゴアマダイ』も(右)『ズグロダテハゼ』も昨日同様・・・いまいちであった。。。
神のくれたチャンスを活かせない・・・俺。。。


な・の・で
b0100730_2033263.jpg底物で楽しんできました。
一時期
カグヤヒメウミウシと呼ばれてた事もある
“紫が綺麗なウミウシ”
今は『ゾウゲイロウミウシ』の
カラーバリエーションである!!
と言う説が有力らしい。
シンデレラウミウシとは
縁の白いラインがクッキリしてる
トコが違う!!と言われてるが・・・
シンデレラウミウシ自体も『ゾウゲ』の
バリエーションだ!と言う説もある。。。

から、ややこしいね。(笑)この辺は今後の新情報を待ちましょう。


そ・し・て
b0100730_20423140.jpg『チャイロサンゴヤドカリ』
サンゴヤドカリの仲間では珍しく
深いトコに生息してるヤドカリ

今日が初の出会いになった。
まだ小さく、幼体のようだけど
オレンジの網目タイツの足がオシャレ。

もっと、ディテールがしっかり撮れる
一眼デジカメ欲し~な~~。。。

どうする?アイフル。。。かな~。


楽しんでエキジット後、家についた頃にはちょうど前線の通過で土砂降りに!!
ふー・・・間に合った。。。

前線の通過は
予報ではもう少し後かと思っていたけど、早めに帰ってきて正解でしたわ。
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-12-07 20:59 | 今日の海情報 | Comments(8)
06.12.3 帰郷中の友と調査ダイブ
専門学校の同期で、共にイントラを目指した友人が実家の法事で帰ってきた。

この男、過去に宮古島でガイドをしてた経歴を持つ、同期一のダイビング馬鹿だったのに。。。
現在はなぜか東京の消防で水難救助隊として活躍し
隣県にマイホームまでこさえてしまった裏切り者だ(笑)

その昔・・・
「オマエも安定した職に転職を考えろ」
の忠告を素直に聞いていたら・・・僕も家くらい建てていたかもね。。。

ま、そんな彼が十数年ぶりに沖縄の海で潜りたい!!と来たので
僕らのダイバーとしてのスタートの地、“砂辺”で落ち合ったが、あいにくの大波!!
なので、前々から僕が気になってたビーチへポイント調査に付き合わせた(爆)

結果としては、生物は少なく・・・地形に面白みがあるわけでもない。。。
“ポイントとしては不合格な海”って事になるんだろうけど
どんな海でも遊べる僕らには、問題ナッシング!!

一見、何にも居そうに無い景色から、各々生物を探しては楽しんできた。
b0100730_1983436.jpgb0100730_19848100.jpg









↑(左)なぜか“ガンダム”を連想した『ミノムシガイ』   (右)可愛い柄の『フジナミウミウシ』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

b0100730_19194540.jpgb0100730_19195659.jpg









↑(左)ペアで寄り添う『ガラスハゼ』   (右)スズメダイでは『ナガサキスズメダイ』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

b0100730_19223347.jpgb0100730_20201748.jpg









↑ハゼは『フタホシタカノハハゼ』がとにかく多く、ノーマルバージョンは当然!(なのに今回写真なし)
(左)『やたら黒い個体』や、(右)『黄化個体』な幼魚がたくさん見られた!!
特に黄化個体の多さは尋常じゃない!幼魚から成魚まで、い~~っぱい!コレは大収穫(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
海況が良かったらもう1本行きたかった!

全体的に綺麗なポイントには少ない生物が多かったんだけど・・・
そういう意味では
b0100730_1933201.jpgb0100730_19333211.jpg









↑コレらもそうだな。。。
(左)根掛かりして捨てられた新種・・・   (右)友人撮・・・俺。。。
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-12-03 19:47 | 今日の海情報 | Comments(12)
06.12.2 ウミウシも出てきたぞい
今日の沖縄本島
             @@@@@@@@@@@@@@@@@
             天気       曇り
             最高気温    22℃
             水温       24℃
             北東の風    波の高さ2.5のち3m
             @@@@@@@@@@@@@@@@@
                                          ってトコでしょうか。

さすがに12月になると修学旅行は少なくなりますが、今日は少ない仕事にありつけた。

スタッフが集合する早朝は、もちろん最高気温である22℃なんてあるワケはなく・・・
「寒くなったね~」が、同業者間の挨拶な季節だが
そんな中、マリンスポーツメニュー開催地に前泊してた学生らは
上半身裸で!朝からビーチバレーに興じていた(爆)

若いって素晴らしいことです。。。(いやいや、皆さんにケンカ売ってるわけでは決して・・・汗。)

太陽のパワーが弱くなってきて、水中が暗く感じるこの季節は目をマクロモードにして楽しむことが多いが
地べたを舐める様に見ていくと、結構ウミウシも多く見られる季節になった。
b0100730_20552781.jpgb0100730_20554133.jpg









↑『イガグリウミウシ』まだまだ、子供ですね。小さい。

もちろん“ウミウシ”は夏にも見られるけれども
水温の下がる今頃から、春先にかけて爆発的に見られる種が増える!!
ウミウシばっかり探してると、1ダイブで、2~30種に見つかることも!!
水温に限らず、卵から孵化し、成長し、子孫を残すサイクルのタイミング合うだけかも知れないけど。

『冬はウミウシの季節だ』!これ、定説。

b0100730_23383675.jpg“イノー”で
しかも素潜りでは
地べたを舐める事をあまりしないので
ウミウシをそんなに探さないが
←の『ムカデミノウミウシ』は
大きいこともあって
良く目に付く。

もし、名前が違ってたら
もう少し人気も
出そうな気もするんだけどな~(笑)
そうでもない??

ここ数年、ウミウシに対する熱意が冷めてたけど、今冬からはまた勉強しようかな。
と、少なからず思ってはおります。。。
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-12-02 23:52 | 今日の海情報 | Comments(12)
06.6.23 真栄田一番乗り 
b0100730_166694.jpg@@@@@@@@@@@@@@@
ポイント     真栄田岬
天気       快晴
気温       32℃
水温       26.9℃
南の風
中潮
@@@@@@@@@@@@@@@
残波のHIROが「午前中はノーゲストなので、付き合ってくれ」って事で早朝から真栄田へ。
まだ、ダイバーは誰も来ていない、一番乗りだ!
今日も朝から太陽はギンギンギラギラ!!
風はそよそよ、海はベタベタ
『最高の天気っス』
ぢゃ~せっかくだからと、深い方にも行ってみた。そうなると必然的に二人の目的は『ホタテツノハゼ』に(笑)ま、今が旬だし、見に行っちゃうっす。(笑)




出来ればペア&エビも交えて撮りたい。。。と思うけど今日も1匹だけしか出てこなかった(涙)
b0100730_16171817.jpg
出だしから『コトブキテッポウエビ』が活発だったので幸先の良い予感がしたが・・・
そうでもなかった。。。(またまた涙)
“さぁ!!これから”って時に引っ込めちゃって。。。
それからは納得いく距離まで寄れ無かった・・・残念。。
また、次の機会に頑張ろう。







b0100730_16261152.jpgb0100730_16253292.jpg













『ハタタテハゼ』や『アナモリチュウコシオリエビ』ダイバーに人気のある生物もいっぱいいる。

特に『ハタタテハゼ』は大好きで、水中写真に手を出したのも、ハゼにはまったのもコイツのせいである!しかし過去に“気に入った一枚”が撮れたためしがない。。。肉眼で見るあの可愛さがなかなか写せない~。

b0100730_164819100.jpgb0100730_16504038.jpg












『ナガサキスズメダイの幼魚』
幼魚のうちは青の濃い綺麗な魚だが、成魚になり
尚且つ黒味がかった個体になると
他の数種類のスズメダイと区別が困難になる、困ったチャン。

『ミゾレウミウシ』夏場でも特によく目にするウミウシ。→
僕はあまり撮ってないけど、まだまだ他にもウミウシは結構観察できる。
b0100730_1725250.jpg
←『アラリウミウシ』
図鑑によるとコイツも夏に見る機会の多いウミウシのようだ。
色が凄く綺麗なウミウシだった。


b0100730_17104493.jpg







『アカツメサンゴヤドカリ』入り口がとても綺麗なピンク色の貝に入っていて
「是非オイラを撮ってくれよ~」と言ってるもんだと勝手に解釈した(笑)
目が黒いと表情が可愛く見えるし、たくさんいる普通種だけど
結構お気に入りな種。

上がってきたのが9時半。
EN前、静かだった駐車場は多くのダイバーで賑わっていた。


 
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-06-23 17:37 | 今日の海情報 | Comments(3)
06.6.21 リベンジってことに。。。
元同僚“ふぁた君”から電話があった。

「リベンジしなくていいんすか??あたしゃ一人でも行っちゃいますぞ!!」と。
先日、僕は(6/19)確認すら出来なかった『ホタテツノ○○』を探しに行こうよ~というのだ。
友人と飲んでたので約束を守る自信は無かったが、天気も最高だし
確かに呑んだくれてる場合じゃない!と、快く(?)承諾した。(笑)

で、今日は・・・いともあっさり見つかって・・・笑

知人に頂いた情報を思い起こすと、思い当たる場所が二ヶ所あり
僕は前回『はずれ』をくまなく探していたようだ。(数メーターの違いだが)

となると・・・ここか。。。?

「ん・・・・・・・・・・!!いた。。。」

b0100730_17125289.jpg『ホタテツノハゼ』

初めてカメラを向けるチャンスがやってきました!
とりあえず、初めにこのコを見つけた方に感謝したい!
有名になりすぎて困惑してるかもしれないが、おかげで僕もご対面できました!!
前回も書いたが沖縄・慶良間あたりでは生息数が少ないのと
大概深い場所に現れるため、チャンスが少ない。

色は地味だが他のどのハゼとも違うこの背ビレ!!
ハゼ好き・レア物好きにはアイドル度満点!

一度は!いやいや何度でも見てみたい逸品である(?)
柏島や屋久島あたりではかなりフツーに見られるらしいけど・・・羨ましいですねぇ。


「お前も連日ダイバーに囲まれて大変だろうが・・・ジっと・・・してて・・・・・・・!!?」
(ふぁ~たク~ン、ごめん引っ込んじゃった。。。)
寄れる寄れると聞いていたのでちょっと雑だったかな??
結局最後までペア写真どころか、コトブキテッポウエビとのツーショットも撮れなかったが
ま、いっか(笑)また、いずれ。

浅場に戻ってからも面白生物、面白シーンに出会ったが、逆にあまりにもネタが多くなりすぎて
今、困ってます(笑)しばらくは潜らなくても潜ったフリでブログが書けるよ。。。(そんな必要が?)


b0100730_17484736.jpg『キスジカンテンウミウシ』

産卵してるとこ。
下の黄色い帯状の物がそう。
卵にも光が回るようにカメラ縦位置で撮って、その写真をパソコンで見た向きに直してみた。
ま、なかなか意図したとおりに。。。
(そこまで言うならもう少しライティングに凝れよと言うのはヤメテネ。)






産卵と言えば
b0100730_1811285.jpg『アオヒトデ』
(青いとは限らないんだなぁ・・・これが)
も放精・放卵をしてるヤツラがいっぱい
いつもベタっとはいつくばってるあのヒトデが
ググッと体を持ち上げて放精・放卵するのは
子孫を少しでも遠くに広げたいからかなぁ。

このときばかりはヒトデのやる気が
見て取れる。

ヒトデは雌雄異体で、オスとメスがあるんだけど
放精・放卵中なら簡単に見分けられる。


b0100730_1819382.jpgb0100730_1819516.jpg












(左)が放卵中のメス(右)が放精中のオス。遠くから見ると同じモヤモヤでも近くで見ると解るでしょ。
・・・むむ、こいつらほぼ“全身生殖器”?

お、産卵と言えば
b0100730_18272023.jpg『この男“ふぁた君”』
(サイドミラーに写る、海を眺める男)
先々月パパになったばかりだったな。
(産卵でなく出産です・・・スンマセン)


改めておめでとう!


嫁さんも大事にね
アンタだけ海で遊んでる事の無いように(笑)
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-06-21 18:40 | 今日の海情報 | Comments(2)
06.6.14 攻める男のダイブ
b0100730_20293085.jpg@@@@@@@@@@@@@@@
ポイント      残波岬
天気        曇り
気温        27℃
水温        25.2℃
南南東の風
中潮
@@@@@@@@@@@@@@@


『残波に情熱をかけるガイド・HIRO』に誘われて、今日は男二人で『残波岬』を攻める!攻める!!攻める~!!!(歩きで・・・)
(彼は僕に残波の全てを見せてあげたいらしく・・・、普段のエントリー場以外からもガンガン歩いてエントリーしてくれる。。。ここはボートポイントよね・・・HIRO。。。?)

まさに、攻める!男のダイビングだ(笑)

男二人で2ダイブ、合計ダイブタイム190分の珍道中!
ステキな出会いがたくさんあったので今日は写真中心に載せてみよう!

ドロップオフを直に降り立ったラインでは右上の写真の『アデヤカゼブラヤドカリ』や...


b0100730_20474559.jpg
『謎のヘビギンポ』・・・またまた、謎ものシリーズに出くわしてしまった。。。
他のヘビギンポに比べて顔が長い。
大きさは4cmってトコかな


                              b0100730_20513655.jpg






そして『フカミスズメダイ幼魚』→
残波の35mより下のラインには結構見られる
その名の通りちょっと深みが好きなスズメダイ
                 



HIROがウミウシが大好きガイドなのでウミウシもたくさん見つけあった。。。
b0100730_20575128.jpgb0100730_20581420.jpg









b0100730_20594913.jpgb0100730_2104190.jpg










比較的見つけやすい定番種から。。。
b0100730_2123875.jpgb0100730_213027.jpg









b0100730_213339.jpgb0100730_2135153.jpg









数ミリ単位の消しゴムのカスほどに小さいヤツまで様々だ。
あまりウミウシはチェックして無かった僕でも15種くらい見れた。


カスミチョウチョウウオや、キンギョハナダイの群れも綺麗だったし
クロユリハゼやコガシラベラの幼魚もかなり増えて、根を覆ってる

オオウミシダに黒いカミソリウオのペアがいたり
ヒッポリテ・コメンサリスも健在だった(5月17日ブログ参照)


b0100730_2112923.jpgb0100730_21122183.jpg

僕は安全停止中はいつものようにヤドカリもチェック(笑)






(左)『クリイロサンゴヤドカリ』(右)『カザリサンゴヤドカリ』
他にもイソハゼ系やイソギンポ系も狙ってみたが。。。惨敗。。。
でもかれこれ40分近くは5mラインで遊んでたなぁ。

さすがにエアーも無くなりエキジットしようとフィン脱いでると・・・

b0100730_21204855.jpgまたまた怪しげな見知らぬ魚に出会った。。。!!

『謎のヘビギンポpart2~』(笑)
ま、そもそも僕にとって、ヘビギンポの仲間はほぼ全て『謎のヘビギンポ』ではあるが。。。
それにしても今日は初見のヘビちゃんが立て続けに出ちゃった。。。


奥が深い。。。




追記 ’06.6.14
謎のヘビギンポは上が・・・・・『コクテンニセヘビギンポ』
           下が・・・・・『クレナイヘビギンポ』であろうとご指摘いただきました。
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-06-14 21:42 | 他にも謎の○○を追え | Comments(2)