タグ:その他の魚 ( 538 ) タグの人気記事
07.3.21 アダルティー・ウツボ
世の中、世知辛いもので・・・

アルバイト仕事は、“有る場合と、無い場合がある”。。。(スイマセン、使いまわしのシャレで・・・)

今日は、仕事(日雇いアルバイト)の予定がキャンセルになったので、潮を選んで早朝から海に行ってきた。
狙いは、昨日も後輩Kと見てきたハゼだったのだが・・・
なかなか上手く撮れなくて・・・ブログアップはまた、次の機会に。。。(と、かれこれ1年が過ぎる)

時折、にわか雨は降ったけど、また夏のような暑いナイス天気が戻ってきてて
海も大分落ち着きを取り戻してきてる。そそ、こうでなくっちゃ!!

ハゼに惨敗し、浅瀬に戻ってきた時に見慣れぬウツボに出遭った。。。

b0100730_22374316.jpg

一生懸命、調べたけど、自力では同定に至らず・・・
頼りの魚類分類学の博士、S能氏にご教授願ったところ・・・

『シマアラシウツボ』の老成魚と思われる。との事で。 ん、アダルティー。。。
出来れば全身の写真があればもっと細かくチェック出来るのだが・・・との事だけど残念・・・
これしか撮ってなかった。。。またの機会に是非撮らねば!!!

でも、ま、なるほど・・・!やはり僕の脳にはインプットされてない種ではあったようだ。


にしても、どうも・・・やや、いかがわしい感じで撮れちゃったものだ。。。

・・・ここで、ニヤニヤしてしまったアナタ!!




アナタも・・・大人です。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-21 23:05 | 今日の海情報 | Comments(8)
07.3.5 サンゴの日
やや遅めの朝を迎えたら、外はどんより・・・北風が強く吹き荒れている!
雨もぱらつき、気温も低い。。。
明け方近くに前線が抜けたようだ。。。

b0100730_19462769.jpg昨日の
天気予報の段階で
こうなることは
覚悟の上ではあったけど。

しばらく
夏のような天気が
続いてたので・・・

やっぱり、寒いの嫌い。

本日、3月5日は
語呂合わせで
『サンゴの日』
であるらしい。

昨日はサンシンの日
だったらしいが・・・

外国でも語呂合わせで、何かの日とかあるのかな?これは日本語だからこそ、な文化(?)なのかな?

サンゴと言えば、98年の大規模な白化現象と、それ以前から続くオニヒトデの異常発生によって
壊滅的なダメージを負った沖縄本島のサンゴ群。でも、少しづつ、少しづつではあるけど
小さなサンゴが戻ってきてるのも目にするようになった。

b0100730_205495.jpg同業者の知人や
ゲストのダイバーからも
どこどこのサンゴが
綺麗だった!とか
どこどこのサンゴが
復活しつつある。

と言う話も良く聞くようになったし
とても嬉しい。

そんな
サンゴの上には

『メガネゴンベ』
が、陣取っていたりb0100730_20202151.jpg

『カスリフサカサゴ』や
サンゴガニの仲間達が
潜んでいたり。

サンゴに依存して
生きている生き物達も
同じように少しづつ少しづつ
増えてきている。

そんな明るい兆しに
自然の、強い生命力を
感じる。



b0100730_20314424.jpgでも、きっと
まだまだ
楽観視は出来ないんじゃ
無いか、とも思う。

悪化の一途を辿る
地球温暖化
それに付随して予想される
数々の異常気象

オニヒトデだって
まだ、健全な数に
戻ったとは言えないし。。。

きっと、サンゴ(だけじゃ無いけど)の苦難は、まだまだ続くんだろう。
「地球を、ものすごいスピードで壊してるのは人間だから・・・一人一人が自覚して手を打たないと」

と、僕も、そんなエラソーな事言える生活を送ってないな、と重々承知で・・・
サンゴの日に、改めて自戒してみた。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-05 21:01 | 海の生物雑談 | Comments(16)
07.2.26 外来種の話
先週末は仕事だったり、酒が抜けなかったり・・・どうもパソコンの前に座る時間が無かった(笑)

相変わらず、ぐずついて肌寒い日があったり、夏のような日差しで暑い日があったり
日ごと、めまぐるしく天気の変わる沖縄です。
本来の2月とチト異常な2月がケンカして一進一退・・・
いや、異常な2月がかなり優勢。。。そんな感じ。


今日はひとつ目的があったので、サンゴの綺麗な大きなイノーに行ってきた。

実は、約2週間前に、ここでちょっと不思議な魚を撮ったからだ。

b0100730_1951757.jpgその、不思議な魚とは
これ。

沖縄で10年以上ガイドしてるが
こんな魚をマスク越しに見たのは
初めて。。。

これまで図鑑では
見た記憶が無い。

しかし、なんかどこかで
見た事ある気が・・・・・・・
それもその筈。。。

なんと、こいつら昔、養殖(食用)の目的で沖縄に持ち込まれ、そのすさまじい適応力から
沖縄の河川にしっかり住み着いてしまった外来種として有名な、通称『ティラピア』だったのだ。

・・・生物の気配の無いようなドブ川でも見ることができ。。。
大都市(?)那覇の、海へと続く河口(ほぼ下水)付近でも見ることの出来る魚である。
ホントは美味い魚らしいのだが、あまりにも汚いトコで目にする魚で、忌み嫌われてる感の!である。


専門の先生に伺うと
 画像、拝見しました。カワスズメ科のカワスズメもしくはナイルティラピアのいずれかです。
沖縄では両種とも汚染された河口域を中心に繁殖しているので
大雨でサンゴ礁まで流されたのではないかと思います。
それにしてもサンゴを背景に群れ泳ぐ姿は非常に興味深いです。
この魚が海岸伝いに分布を拡大する証拠でもあります。
ぜひその後の動向をお知らせください。
予想としては河口に戻るのではないかと思うのですが・・・



b0100730_20175326.jpgと、ご教授頂いたので
今日、様子を見に行ったってワケ。

いました、いました。え?いるの?
2週間前と全く同じ場所に
同じくらいの数の群れが。

いくら海水にもある程度
適応できると言っても
基本的には淡水魚でしょ~??
すごいな。。。


人間の勝手で、輸入・放流され
現地に適応した外来種が(陸も含め)
在来種の生態系に深刻な影響を与える事が指摘されてるけど
改めて自分の目でこういうシーンを目の当たりにすると、温暖化のニュースと共に
人類の地球に対する愚行を真剣に考えさせられる。。。チョット・エラソーニ。

最近はペット屋でも、外国の珍しい生き物が売られてる世の中だけど
そんなペットを飼われてる皆さんは、最後まで責任を持って飼って欲しいす。
僕らに今すぐ出来ることは、まずはそんなトコだろうなぁ・・・と思いますので。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-02-26 21:24 | 海の生物雑談 | Comments(14)
07.1.11 とりあえず、初浸かり
風も緩み、お日様の射すポカポカ陽気が戻ってきた沖縄本島。
もちろん濡れた体に北風はしみるけど・・・遅ればせながら、とにかく今年初“海”に浸かってきた!

僕が夏の間、定期的に回ってたイノーがいくつかあるけど
周辺で工事が始まったりして、入れなくなってるポイントが多い。。。

なので、前から気になってた場所を新たに見て回ることにした!
今日の場所はあまり期待しないで入ったが・・・・ビ、ビ、ビックリ!!

今までに見たことも無い『コノハシコロサンゴ』の“大群生”が目に飛び込んできた!!!
ここまでの大群生はとっても貴重なのでは無いだろうか?とぶったまげるほどのサンゴ・サンゴ

b0100730_2124224.jpg残念ながら
やや、曇ってもいたし
ワイドコンバージョンレンズも
持たずに入ったので
あまり景色は撮らなかったが・・・

ここは、いつかワイドな写真も
いっぱい撮っておきたい!!!
その時、改めて風景写真を
載せますです。。。

そして、さらにワクワクさせることに
スズメダイが多い!(笑)
写真に写っている青い『ルリスズメ』の他に
『アツクチ』、『ハナナガ』、『キオビ』、『ミナミイソ』
と、地味で熱くなるヤツがいっぱい(爆)

サンゴの群生地から離れると
『ネズ』、『イチモン』、『スジブチ』、『スジブチvar』、『シマ』と、僕が分類や、撮影に課題を持って観察してる連中がわんさか!

あぁ、しかしながら、あまりのサンゴの多さに海底につかまる事も出来ないし・・・
魚がすぐに隠れて全然撮れないんですけど~。。。。。。


b0100730_21242958.jpgしかたなく
サンゴの群生地から離れ
海底につかまれる所!で
上記のスズメダイやチョウチョウウオを
狙っていると
見慣れないウツボが
2匹揃って
岩の穴からひょっこり。

どうも気になったので
撮っておいたのだけど
調べてみると『アセウツボ』といって
極端に浅い海域に住む種のようだ。
ほとんどの図鑑には載って無いし
ネットでの生態写真・情報も、とっても少ない。。。
とりあえず、ラッキ~!


近くには超浅場を好む代表的なヤドカリもたくさんいて楽しかった!!
『マダラヨコバサミ』↓
b0100730_21485993.jpg

『スベスベサンゴヤドカリ』↓
b0100730_21493326.jpg

そして、今回“僕的・初見”の『サンゴヨコバサミ』
b0100730_21513584.jpg

等々、のカワイコちゃん達だ。特に初見の『サンゴヨコバサミ』は気になって色々調べてみたけど
コイツも結構、ダイバーからの情報の少ないヤツであった。
浅すぎる所は、ダイバーが色々見落としてきたトコだからね。(僕も含めて)
オッモシロイヨ~~。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-01-11 22:10 | 今日の海情報 | Comments(14)
07.1.5 正月ボケ
今年の正月は雨もあったものの日中は日も射す天気の良い日が続いた。
ダイビングのみならず、沖縄で正月休みを迎えた人は結構、愉快痛快快適君だったのでは?

b0100730_18174993.jpg僕も
今年はのんびり!!
十数年ぶりに親戚と共に
正月を迎えた。

勤めていた頃は
正月は稼ぎ時であり
常に潜っていたから(笑)

さすがに十数年ぶりに
会う親戚には新たに
“はとこ”も仲間入りしてたりして。。。

ひとり『浦島太郎状態』

そんなこんなで、新年早々、更新が滞っておりますが・・・じきに正月ボケから覚めまするので(笑)

写真は言わずと知れた『メガネゴンベ』だが
なんとなく今年の干支『イノシシ』を連想するな
と、今気が付き。。。(ほら、うり坊に見えてきったっしょ!!)

元旦の写真は、コイツでも良かったかなと・・・いまさら(笑)。。。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-01-05 18:46 | 独り言・陸情報 | Comments(12)
06.11.9 久々、プライベート・スクーバだ!
フィリピンの東にイヤ~な雲の塊があるっスね~。。。
明日辺りには台風になる?なっちゃう??

じゃ、週末は海荒れちゃうかな~。。。と心配ではあるけれども、今日は至って快晴・ベタ凪。
太陽が出てると運転中はクーラーを点けるほど暑くなる!
朝晩の冷え込みとギャップがありすぎじゃないかね?

海は昼から砂辺に行って来た。今日は素潜りではない!!(ま、たまたまですが)

砂辺は長い防波堤のアチコチに海へ降りれる階段があり、好きなトコからエントリーできる。
もちろん、見所が少しずつ違うので、人気のある階段と不人気な階段とあるが。。。(笑)

今の僕は、一人で潜ることが多いので迷わず不人気な階段をチョイス!

昔からUFOポイントとして親しまれてる階段だ。やや魚は少ないけど
ちょっと特殊な環境なので、ちょっと変わった魚でもいないかな~・・・と期待して。

その、ちょっと特殊な環境とは・・・
b0100730_2144087.jpgb0100730_2145131.jpg











近くにある、海水を淡水化する浄水場の施設が海の中で見れるんですね~。
形・大きさ共に良い漁礁みたいなもんだし
そこから温水が噴き出すので辺り一面サーモクラインで見えなくなるほど!!
って、ところがちょっと特殊なトコロ。

ただ、サーモクラインが凄いと、魚もなんだかよく見えない!よく解らな~い!!そこが難点(笑)

b0100730_2117107.jpg
サンゴやトサカ類が
結構付いてるので

上手く切り取れれば
きれいな写真が撮れそう。

そんで、たたずむ『ヒメゴンベ』に挑戦状!

イメージに近く撮れる前に
逃げられてしまったさ~(笑)

敗北。。。




b0100730_21405835.jpg

トサカを探すと
『イソコンペイトウガニ』

宿主のトサカの色によって
体色が違う、美カニだけど
黄色いタイプはあまりいない!

ダメもとで探してたら・・・
いた。。。!
逆に今まで見慣れた
赤いタイプを発見できず・・・

ま、いっか。

特別、“ちょっと特殊な環境”だから!!って生物には出会えなかったけど
久々にプライベート・スクーバで楽しかったス。(笑)
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-11-09 22:22 | 今日の海情報 | Comments(8)
06.11.4 ハナヒゲはべろべろばぁ~
11月、文化の日を絡みの連休。
巷のダイビング屋は忙しそうで
僕も仕事を頂きやや忙しくさせてもらってます〈笑、しか~もまだ、現在進行中!)

皆さんもあちこち遊びに出てるのかな?お天気はいかがっすか~?

ここ沖縄、しばらく天気の悪い日が続いてたけど、明日辺りから良くなりそう!あぁ、良かった。。。
天気が悪く、体が冷えたまま穴開きスーツで50分も潜ると膀胱が破裂しそうになるのよね。。。
えぇ、一応アタシも我慢できる限りは、我慢してるんです〈笑)

b0100730_22401970.jpgここ数日
リクエストのあった生物に
運良く、巡り会ってて助かってます〈笑)
(ま、突拍子もないリクエストは別だけど・・・爆)

そんな一つだった『ハナヒゲウツボ』

毎日毎日ガイドしてた頃と違って
今、どこに行けば見られる!
って把握して無かったんだけど・・・
偶然出逢った!!!〈笑)

そんな人気者な『ハナヒゲウツボ』

初めて見る方は、あまりの可憐さにびっくりする事が多い!

ウツボというだけあって・・・
迫力ある巨躯を想像してる人が多いみたい

図鑑では大きさのイメージが沸かないからねぇ~
(それでも全身出てくると1m近くあるのよ!!滅多に見れないし、細長だけど)

かくいう僕も、カクチカコ。。。拍子抜けした一人だ。

そんな魅惑の『ハナヒゲウツボ』

雄性先熟の性転換をする魚として・・・って
小難しいウンチクはまたにするとして・・・。

今日は水中コミュニケーション!“ハナヒゲ・ハンドシグナル”に注目。

リクエストの多い人気者だけに、水中でガイド同士が
「ここにハナヒゲがいるゾ~」とか「ハナヒゲはどこじゃい?」って情報J交換する事がよくあるんだけど・・・

何故か皆、両手親指を鼻にくっ付け、人差し指~小指をピロピロさせてる!!(解かる??笑)
べろべろばぁ~みたいな感じね。。。
ま、『ハナ〈鼻)ヒゲ』ってことね・・・解かりやすい!
え?でも名の由来は花髭のはずぢゃないの!?   さぁ、どっちだ〈笑)
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-11-04 23:41 | 海の生物雑談 | Comments(12)
06.9.22 ダンシング・ベイビー
13号が駆け抜けてから、北よりの風が多くなった
それが、秋っぽさに拍車を掛ける。

そんな感じで、秋を肌で感じるようになると、急に見る機会が増える可愛い魚達がいる。

それは、イサキ科の魚たちの幼魚

b0100730_2064710.jpg写真は
『ヒレグロコショウダイ』の幼魚

このイサキ科の仲間には
チョウチョウコショウダイや、コロダイ
アジアコショウダイなど
幼魚時代に人気絶大な連中が多い!

色彩が派手な事もあるけど
なにより、あの激しいクネクネ・ダンス
が目を引き付ける!!

クネクネと言うかフリフリと言うか。。。

そう!ツイスト!!(?)

b0100730_20185383.jpg写真では
あの動きを上手く表現できないけど

♪激しくダンス・ダンス!
あ~燃えてダンス・ダンス・ダンス!!
ダ・ダ・ダ、ダンス・ダンス・・・(くどいな。。。)

その動きはヒラムシに擬態している
と言う説があるけど、どうでしょう??

でも、最も弱い時期にあえて
目立つ色、目立つ動きをするって事は
なんか生き延びる効果があるんでしょ~ね。

そんなに動き続けたら、相当なカロリー消費だと思うけど、不思議とこいつらの捕食行動って見ない。。。
いったい何を食べれば、あんな無尽蔵なスタミナが手に入るんだろうね~?

え?それが若さ??ウッソ!!!
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-09-22 20:52 | 今日の海情報 | Comments(4)
06.9.8 ウツボは恐いか?可愛いか?
雲は相変わらず多いものの、今日もわりと良い天気だった~。
でも、場所によっては激しく降ってる時間帯もあるみたいね。
もちろん、海に入りたかったが、今日は、自分の中でミッションがあり、時間が中途半端になり断念。

と言うのも明日、友人のショップのヘルプで講習初日を担当する事になってるのが、風向きや時間配分を考慮して、“行こうと思っている沖縄本島南部のポイント”までの道筋をどうしても思い出せない。。。

もう、かれこれ、7~8年振りかも??なので、とりあえず自分で走って(っつっても車でね・・・笑)
道順をを再確認したかった。ついでに美味い食堂でも見つけられれば一石二鳥だ!!

b0100730_2245534.jpg・・・なので
今日の写真じゃないけれど。。。
『ハナビラウツボ』(なんで??それを言っちゃ~、お終いよ)

ウツボの多くはそこにとどまってる事が多いので
急接近しなければ(脅かさなきゃ)撮り易い魚。
ノンダイバーでも知っているポピュラーな魚。

ウツボと言うと一般的に凶暴なイメージがあって
見るとそれだけで慌てるダイバーも少なからずいるが
本来は以外にシャイな連中だ。

皆さんのイメージは??

この『ハナビラウツボ』
口の中が真っ白なのも特徴のひとつだが

よく見るとこのコ、歯があまり無いね。。。ウツボの歯って言うと鋭い牙が並び恐いイメージ??
(もちろん、それが自慢なウツボもいるよ!!)

沖縄の方言で歯抜けの事を“ハーモー”と言って、悪口なんかに良く使う。(憶えとく?・・・笑)
一流の格闘家は、大体“ハーモー”なはず。(折れちゃうじゃんね?)

で、イメージとは裏腹にウツボはそんなに凶暴ではない!
試しに指を近づけても、逃げる一方。。。(一応、触らぬ神に崇り無しで、皆さんはしないでね)

でも実際、ウツボに咬まれた事例はありますよね~。。。
しかし、その殆どは実は“餌付け”が原因だったりする事が多かった。。。つまり、人から餌をもらう事に慣れた(人間に慣れた)ウツボが誤って人間の指を噛んじゃったって、事例。。。
人間が自然界にちょっかい出すと、人間に災難が降りかかる良い例な気もしますね。

過去に『純粋に(もちろん悪気も無く)魚とフレンドリーになる感覚が楽しくて』餌付け全盛な時代もあったんですが、最近はあまり自然界に良い影響を与えないって意見が主流になって、餌付けもダイビングスタイルから消えつつある今、ウツボに噛まれると言う事例も殆ど聞かなくなったわけ。

ウツボの仲間も、よく見るとホントに多くの種類がいて、とっても綺麗だったり可愛かったりするので一度、良く見てみて下さいませませ。
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-09-08 23:52 | 海の生物雑談 | Comments(13)
06.7.31 素晴らしい週末・・・つづき
それだけで良い・・・

とか思いつつ、やっぱり魚を探して泳ぎまわってしまう。。。アタシ。。(笑)

波打ち際は砂が綺麗だが、少し行くとあとは岩盤、沖合いに向かって延々300m程は岩盤の遠浅なビーチで
下はナガウニだらけ!マスク無しの海水浴したら、絶対に踏む!!(爆)
あまり、魚は多くないが、今は“地味な魚ほど目が行く病”なので楽しい!
目にする地味スズメは、ほとんどがオジロスズメダイの幼魚なのだが、面白いことに、そのほとんどが、赤いラインの入らない真っ黒バージョンであった。。。で、成魚はほとんど見かけない。

b0100730_1995960.jpg小岩の影に体をクネクネさせてる
『ヒレグロコショウダイの幼魚』に出逢った。
やっぱり近くにはオジロスズメのクロん坊(笑)
あとは、周りにはルリスズメ、ソラスズメ
ミツボシキュウセン、イトマンクロユリハゼ等。
少し寂しい。。。
沖合いのリーフエッジを越えると
ユビエダハマサンゴ見事な群生があり
多くの魚がいたが、これはスノーケルより
スクーバでしょう。
で、浅瀬に帰った。


波打ち際に横たわるでかい露出岩の周りには定番の魚たちではあるが多く住んでいる。b0100730_19212811.jpg
『ネズスズメダイ』
このコはそんなに逃げ惑うことが無かった!(嬉)
のでコンデジでも良く撮れたと思う!!
成魚も撮りたかったが、カメラを向けると
もう、パニック状態。。。
「捕って食ったりしませんがな・・・」

周りには、とにかくコウワンテグリが
たくさん住んでいる。
各ステージ揃い踏み。



シマスズメダイ(写真無)は、岩の波当たりの激しいところに、根元には『イチモンスズメの幼魚』がチラホラ。
b0100730_19325052.jpgb0100730_1934165.jpgb0100730_19342164.jpg







前々から、何かと混同してるのか、『イチモンスズメダイ』の成魚が解んなかったが・・・
今日、解った!!!!(って、今頃・・・恥ずっ)
僕が、「オジロスズメの色合いに似た変なヤツだなぁ~」「スジブチでもないしなぁ~」
としつこく追い回したヤツ、がまさにそうだった!!!!
b0100730_19392833.jpgコイツ!!
写真では、オジロと似ても似つかないけど
水中ではそんな風に見えるのよ
尾びれが黄ばんだ白に。。。
近くに3個体居たので、かなりしつこく接近に挑戦してみたが、
その時に目の上にうっすら青いスジが残ってることが解ったワケ!!
それで、やっと、『イチモンスズメダイ』と確信が持てたんですが。。。
b0100730_19445657.jpg



遠目には全然青いラインに気が付かなかった。。。
それから、また、沖合いに広がる
リーフを縦横無尽に(?)泳ぎ回り
色んなサイズの幼魚を見て回った!!
で、よし、やっぱりコイツが『イチモン』だ!(笑)

帰ってきて、図鑑を見ると、まさにそのまんま(爆)!!いやね、この写真は今まで何度も見てるのよ!!でも、ちゃんと本物を生で見ないと、この手の連中は難しい!!(言い訳。。。)

これからは、多い魚なのか、少ない魚なのか、色んなところで確認することが出来るよ。。。

もう騙されないぞ!!(笑)
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-07-31 20:05 | 他にも謎の○○を追え | Comments(0)