06.5.23 『謎のスズメダイを追え』
@@@@@@@@@@@@@@@
天気         曇り、昼から雨
気温         28℃
水温         26.2℃
南西→北の風
中潮
@@@@@@@@@@@@@@@


晴天が続いた沖縄地方ですが、今日は久しぶりに梅雨前線の影響で昼前から雨になった。
予報では大雨・雷・洪水注意報が出ていたが、現在はそれほど降っていない。
今日はいろいろと用事が出来たので、海はナシ。・・・のつもりだったのに、少し時間が出来たので小一時間ばかり海に行ってきた。

    狙うは、そう!『謎のスズメダイ』

先日から、すごく気になっていて、もう少しちゃんと撮りたいと思っていた。
しかし、今日はいろいろと用事があるし、午後から雨の予報なので、ゆっくりはしてられない。
どんより曇った空の下、朝一でエントリー!!

     げっ・・・濁ってる?・・・「ニゴッテル~」!!

今日もピンボケ、砂被りの写真を連発したが、とりあえずただひたすらに『謎のスズメダイ』にレンズを向けたので、色々アップしてみたい。この画面を見ながら図鑑を開けば検索しやすいかなと。

b0100730_13441353.jpgまず全身
砂がポワ~ンと写っちゃってます。
全体的に特に水に中では、かなり『地味』です。(笑)
しかし、フラッシュが当たると顔の辺りや、尾柄部に青く光る部分があって綺麗!・・・かな?
b0100730_14181173.jpg









b0100730_13522723.jpgb0100730_1402418.jpg特徴として鰓蓋部(エラ)の上の方にも青く光るポッチンと、スジが綺麗にある。
胸鰭基部は黒い・・・つまり脇は黒い。







b0100730_1431719.jpg下半分。
背鰭後縁には、うすく眼状班がある(残ってる??)ので、もしかしたら幼魚のうちは大きな眼状班があるのかもしれない。近くにもう一回り大きな個体もいたので、この子はまだ若魚かもしれないが、色彩(見た目)はほとんど一緒だった。この子で、だいたい5~6cmってとこだろうか。一回り大きい子が10cmくらいかな?それくらいの子が他にも数匹いたのでこのサイズで成魚だと思うのだけど。





とにかくただひたすらに、この『謎のスズメダイ』をつけまわす僕を「ジッ」と見てるヤツがいた・・・
b0100730_14505952.jpg

                    巨大な『ヤエヤマギンポ』だ・・・
             「30(歳)越えた、いいオッサンが、そんなことばかりしてて大丈夫か?」
             と言われてるような気がしたが・・・(笑)それでも没頭。。。

b0100730_14594260.jpg
僕がこの子を観察していた『根』には、他にもスズメダイが数種いて、クロソラスズメダイや、ミナミイソスズメダイだと思うのだが、どれもこれも『キチンとした』分類がややこしい連中ばっかり。
それと今日、気が付いたことだが、この根には前回『初の出会い』を果たしたリボンスズメダイが50を越える数で、ゴチャッと群れていた!!天気の良い日にワイドでいけないだろうか!?
僕のスノーケル遊びは、まだまだ続けなくてはならない・・・。



PS、
一応この『謎のスズメダイ』・・・は
『Micronesian Reef Fishes』っていう海外の図鑑の

Burrough´s damsel (Pomacentrus buroughi)って種が近い気がしてます。が・・・
案外『オジロスズメダイ』だったりする・・・?

もう少し観察&調べて後日報告しましょう!
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-05-23 15:21 | 謎のスズメダイを追え | Comments(0)
06.5.22 故郷のビーチ『つづく』の続き
b0100730_18175687.jpg
で、『故郷のビーチ』の魚はどんな連中がいたかと言うと・・・
今まで、14年ほど、沖縄本島・周辺離島を潜り、ガイドしてきたのに、それでも僕にとって『お初』な魚たちがビシバシ目に飛び込んできた!!
ひとり、かなり興奮を隠しきれない、僕・・・!
大雑把に結論から言うと本来、『温帯域』の魚といわれてるヤツや、『汽水域』に生息する魚種がかなり住んでることが解ったのだ!!!


b0100730_18345597.jpg海草の茂った小岩にいきなり『リボンスズメダイ』の群がりを見つけてしまった(ここからもう、しばらく離れられなくなっていた・・・笑)相変わらずピンボケ写真を量産したが、西表にでも行かないと見ることは無いかもと思っていた魚だけにどんなピンボケ写真でもシャッターを押すたんびに嬉しさが込み上げる!!スラっと伸びた尾びれとシックな色合いの中の黄色がとても上品に見えた(笑)もっと探せば個体数はいるのだろうけど今回泳いだ範囲ではこの小岩の周りでしか見つからなかった。





b0100730_1837822.jpg『スミゾメスズメダイ』のやや若い個体。こちらも『お初だ』図鑑によると汽水域の普通種となっている。なるほどその辺の『見た目ただ黒いだけのスズメダイ』を追って一匹一匹よく見ると頭部に青いスジがうっすら入っているのがわかった。『スミゾメスズメダイの成魚』だ、その辺泳いでるやつはほぼ90%『スミゾメ』のようで、この浜の浅瀬の最優先種らしい。頑張って撮ろうとしたもののただの『黒いピンボケスズメダイ』にしかならなかった・・・(悲し・・・)
(この写真もかなり砂がかぶってますが、こんなのばっかり撮れてしまったわけさ)



b0100730_18545336.jpgすると突然、見慣れない大きな魚がなんの躊躇も無く向かってきた!!スズメダイに集中してた僕の目の前に急に現れたので巣潜り中に息を呑むほどビビったが・・・それは『クロホシマンジュウダイ』だった!去年、阿嘉島の港でも現れたようだが僕はコイツも初めての出会いとなった!!
どうにかカメラを向けたが距離がうまく合わずこんな感じにしか取れなかったが何度か4~5匹の群れとすれ違うことがあった。結構、数は多いのかも・・・



b0100730_19512532.jpgb0100730_1952699.jpg
↑窪みには『オオスジイシモチの幼魚』達、このストライプ柄のテンジクダイの仲間は多くて、あまりスター性も無い(失礼・・・)が、なんか気になったので撮っておいた。図鑑で調べてみると本州の方に多く生息する魚のようで、本来は『温帯種』ということになるハズ・・・
沖縄のほかで見つかってなければ『南限』ってことも考えられるが、もう一度言うとこの手のストライプ柄のテンジクダイの仲間は多くて、あまりスター性が無い(失礼・・・)なので僕がズ~~~っと見落としてた(もしくは見る気が無かった)可能性も高い(笑)
他には『本来は温帯種』の魚としてはタカノハダイもいたがうまく撮れないまま逃げられちゃった・・・
あんまり深追いする気にもなれず、こっちの右の『黄色い幼魚』に移ったのだがコイツも良く解らない。いろいろ調べてみたが今のところは何者なのかさっぱり解らない!!
ひょっとしてイトフエフキの幼魚か??とにらんでますが・・・ん?アマクチビの幼魚って線もあり??いずれにしてももう少し継続観察してみま~す。



そして本日一番気になったのは・・・
b0100730_19351595.jpg

         謎のスズメダイ!・・・笑
            この人、誰??
                 誰か助けて・・・
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-05-22 19:41 | 今日の海情報 | Comments(8)
06.5.20 故郷のビーチを『初散策』
b0100730_1558738.jpg
@@@@@@@@@@@@@@@
ポイント     故郷の海水浴場
天気       晴れ
気温       30℃
水温       27.2℃
北東の風    
小潮
@@@@@@@@@@@@@@@ 


梅雨入りしてから晴天が続く皮肉な沖縄
これでは、気象庁も立つ瀬が無いが・・・
こんなことは毎年のことで、『梅雨』と言われてる
時季の沖縄旅行はお勧めだったりします。
台風の影響は今日がピークのようで昨日までダイバーで賑わった真栄田岬もごらんの通り・・・

しか~し、僕の住む街の海域はごらんの通り!
b0100730_1673188.jpg沖縄本島東側の海域はベタベタに凪ている。
このビーチは僕が通った中学校の目の前に広がる僕らの街の憩いの場所だ。
遠浅の湾になっていて浜から投げ釣りで『キス』を狙えるポイントになっている・・・・・らしい・・・
(僕は釣りはしたことがない、笑)
30年以上前は、フェンスで囲われ、当時沖縄を統治していた『アメリカ軍専用の保養施設』になったほどの有数の名ビーチだった!!・・・・・らしい・・・
(僕はまだ親父の中にもいなかった、笑)


しかし、今は半分埋め立てられたり、火力発電所や下水処理場が近くに建設され、僕らはこのビーチを『あまり綺麗じゃない海』と認識として育った。今でも海水浴ならいいけど、ダイビングにもスノーケリングにも適した海とは言えない。・・・と認識している

でも、ガキの頃、良く遊んだ『このビーチ』にはどんな魚(生物)がすんでいるのか今の僕にはすごく興味深い!!

          入ってみた・・・!(最近、得意の金のかからないスノーケリングね)

透明度はけっこう良い!!
そりゃ~キレイな景色は期待してないし、サンゴのサの字もなっかたし、一見魚も全然いないように見えたが岩肌にびっしり海草が茂り『貝』がい~~~っぱいいる!あまりにも貝の種類が多いので自分が貝のこと全然知らないなぁ~と痛感・・・でもこいつは知っているb0100730_16413095.jpg
『ハナビラダカラガイ』最も多産するタカラガイとはいわれるが、とにかく目に付く
あちらこちらの窪みにこんな状態→


b0100730_1647202.jpg
可愛い『コブシメ』の赤ちゃんもたたずんでいた。
目がスマイリーよね。

貝が多いと貝殻も多くってヤドカリも多い(笑)←この法則が当たってるかどうかは別にして・・・
b0100730_16592887.jpg



『マダラヨコバサミ』


あと、撮ったけど名前わかんないヤツ多数・・・
そいつらはいずれ登場させますね。




ウミウシもちょこちょこ見つかりました。
b0100730_1792986.jpgb0100730_1795257.jpg(左)名前ワカンネ・・・すみません。
(右)『クロヘリアメフラシ』ひとつの小岩にグチャッて!大きい個体は10cm位!そんなに大きくなるのね・・・『クロヘリアメフラシ』はカラーバリエーションが多いウミウシらしいので、左の写真も『クロヘリアメフラシ』であるという線も多いにありますね。






b0100730_17111517.jpg

『クシモトミドリガイ』水中ではこのオレンジのラインが良く目立ちました。










エントリー地点から半径にして25mも移動してないのに結構いろいろ撮れました!!(最大水深も1mだし!)
これからもタイミングを見て積極的に散策せねば!!と強く感じた次第です!
海は僕のガキの頃からの『認識』をいとも簡単にぶっ壊した・・・
(でもフツーの感覚では決して綺麗な海では無いというかなんと言うか・・・)


   え??魚は~~って??
いたよ~、もちろん!!実は魚がまた面白かったんですが、長くなると飽きるでしょうから

『つづく』にします(笑)!!
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-05-20 17:44 | 今日の海情報 | Comments(2)
06.5.19 今日も『地味~ズ』に挑戦
@@@@@@@@@@@@@@@
ポイント      近所のイノー
天気        お昼に少し雨
気温29℃
水温27.2度
南の風→北西の風
小潮
@@@@@@@@@@@@@@@

台風一号は、当初心配していたコースよりは大きく西に逸れ、温帯低気圧に変わったようですが、今朝も南よりの風が強く吹き、うねりも昨日より大きくなっている。車で国道58号線を北上していると沖合いのリーフに白波が立ち、今日もサーフィン日和なのがよくわかる。しかし同じ西海岸沿いでも、いくつも張り出した岬のおかげで、風やうねりがうまくブロックされて、同じ沖縄かと思うくらい静かなポイントもある。今日はそこに各ダイビング屋さんが集まっている(当然か)

僕はというと、今日もスノーケリングで浅瀬に住むスズメダイを中心に観察&撮影しようと『イノー』にやってきた。(たぶんしばらく毎日になりそう・・・)
というのも、彼らは結構せわしなく動く連中で、フィルムのカメラしか持ってないときはカメラは向けるがピンボケの写真ばかり量産・・・ってのを繰り返すうちに、よっぽどの『稀種』以外は撮る対象から外してたわけで・・・でもデジカメは違う!!だってバシバシ撮ってバシバシ消せるジャーン!!

b0100730_14192737.jpgホントは今日みたいに風の強い日は干潮時を狙いたいとこだが午後には前線通過で雨になる予報なので、朝一でエントリーした。「ウォリャ~!!」
カメラのスイッチをオンにして『スジブチスズメダイ』に向けると・・・ありゃりゃ・・バッテリーが少ないでっせの表示に!!ここで『使えるうちなぁぐち(沖縄方言)』をひとつ「まさかや~!ゆくしだろ~!?」(まさか、うそだろーの意)それでもだましだましカメラを向ける。
←『スジブチスズメダイの成魚』
今日もピンボケ写真を量産・・・枚数を気にせず失敗を恐れず撮れるデジカメとはいえ、やはりシャッターを押してからのタイムラグがあるコンパクトデジカメではスズメダイは難しい・・・電池は少ないが、まぐれ撮りできることを祈りつつ、とりあえずバシバシ撮る。


b0100730_1434568.jpgb0100730_14343879.jpg同じ場所で周囲を見渡すと、やや子供な個体(やや大人な個体?)も超チビすけまで見つかる。住む環境は同じらしい。魚の種類によっては成魚と幼魚で住む環境が違う場合もあるがスズメダイの多くは成魚も幼魚も同じ箇所で見られることが多い。





でも・・・




b0100730_14501011.jpg←この『オジロスズメダイの成魚』(だと思ってる魚)は『スジブチ』と共にこの『イノー』にはたくさんいるが幼魚が見当たらない・・・たしかに僕が『オジロスズメダイの幼魚』と認識している魚は『イノー』よりも『リーフエッジ』の水深5前後付近でスクーバダイビング中に見ることが多い・・・(気がする)本来この『イノー』(礁池)ってとこは外敵が少なく子供たちのゆりかごであって、強くたくましい大人になったら外海に飛び出す!ってのが一般的な定説じゃ~ないの??かわいい子には旅をさせる方針なのか・・・?ま、ほんとに『イノー』にはオジロスズメダイの幼魚はいないのか?しばらくのテーマになりそうだ。
・・・ってか。こいつホントに『オジロスズメダイ』なの?


「しかし、こんなピンボケばっかりじゃ帰れないゼ~」と思っていたら
電池残量がありませんだって・・・

追記・・・オジロスズメダイの幼魚は6月後半頃からイノーの中に大爆発!急増!!
むしろ、『オジロスズメダイ』はイノーの魚である!


アキサミヨ~!!!(←いろんな訳が出来ますがここでは「あれまぁ・・・!!!」って感じで。)
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-05-19 15:42 | 今日の海情報 | Comments(3)
06.5.18 『イノー』でスノーケル

b0100730_16165612.jpg   
@@@@@@@@@@@@@@@
ポイント     近所のイノー(礁池)
天気       晴れたり曇ったり
気温       29℃
水温       27.2℃ 
東の風   
中潮
@@@@@@@@@@@@@@@

台風一号の影響が顕著に出てきた沖縄本島・・・   
風がだいぶ強くなってきた。ポイントによっては大きなうねりが入り込みサーファーで賑わう場所も。しかしダイバーやスノーケラーに人気の真栄田岬は波ひとつないベタ凪。
意外と絶好のダイビング日和だが僕はイノー(礁池)でスノーケリングを楽しむことに。
実はタンクがレンタル出来なかったのだ・・・

しかし、誰もいない、ほぼプライベートビーチ状態の浜辺のなんて楽しいことか!

b0100730_1632345.jpg今日は『イノー』の中にいるスズメダイを撮ろうと決めていた!というのもあまりにも浅い水域の魚達はダイビング時に観察のチャンスが少ない・・・勉強が足りないのだ。

入ってすぐにスジブチスズメダイとオジロスズメダイが大量に目に付いた!!地味な連中ではあるが・・・「そう!君たちのような子を勉強したかったんだよ~!」かなり撮りまくったがオールピンボケ・・・(悲しい)何気に撮った『ルリスズメダイ』のメスが一番良く写っていた。ま、こっちのほうがブログ映えするから、いっか。『地味~ズ』はまた次回に挑戦だ。


ヤドカリもい~っぱいいたが特に目に付いたのが
b0100730_22384464.jpgb0100730_22412914.jpg









『ツマジロサンゴヤドカリ』(左)と『イモガイヨコバサミ』(右)
図鑑を見るとどちらも『イノー』のよな環境に多い種のようだ。大きい個体から小さい個体までたくさん見られた。

そんな時、ふと僕の目に飛び込んできたのが

b0100730_22514960.jpg

『シマギンポ』!!
おぉ、かわいいぞコイツっ!!スクーバ背負って普通の感覚で潜ってると、なかなか会えないんじゃないかなぁ。少なくとも僕はお初でした。数個体見つけたが、どいつもこいつも警戒心が薄くってレンズを近づけても堂々としてるどころか、穴から出てきて目の前で(カメラ前で)藻をモシャモシャ食べ始めた(笑)


カエルウオの仲間はかわいくて人気者が多いけどトサカ付きはまた別格ですな。「シュワッチ!」b0100730_2253026.jpg













b0100730_2347316.jpg
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-05-18 17:18 | 今日の海情報 | Comments(3)
06.05.17 豪快で繊細な海
@@@@@@@@@@@@@@@
ポイント    残波
天気      晴れ
気温      30℃
水温      25.4℃
南東の風
中潮
@@@@@@@@@@@@@@@

梅雨入りしたのに物凄く良い天気が続いてます沖縄
台風一号の急カーブにはビックリしました(っちゅ~か、してる・・・)が
今日も真夏を思わせるような日差しの一日でした。

この時期の台風が沖縄に接近なんて僕が子供のころには常識外だったはずなのにここ数年は結構1号サンに迷惑こうむってますね・・・毎年毎年、なにかしら異常気象です。

そんな台風のうねりが心配だったが朝、ポイントに着いてみると意外なことに静か・・・。
今日はブログの作成に、一日をかけようと思ってたのに思わずエントリー(笑)
最近、残波に来るときは残波に情熱をかける『同業者K』と一緒なのだが彼が泊りがけで釣りに行ってるので今日はひとりだ。

とりあえず、ここ数日お互い情報交換した生物の撮影と地形の把握が僕の今日の目的。

残波は地形が豪快で有名だがビーチエントリーだと少々体育会系なのでケラマでのボートダイブ仕様になった僕には結構ツライ・・・
しかし、頑張ってエントリーすると他に類を見ないダイナミックな景観が待っている。

b0100730_022462.jpgいまんとこ『コールマン・ピグミー』と呼ばれてる子
和名のないタツノオトシゴの仲間、ピグミーシーホースは
数タイプ見つかっているが、このタイプはケラマでは撮ってなかったので結構うれしい!
『先輩ガイドM氏』いわく『ペラピグ』ってヤツですね。
正面や背後から見るとホントぺらぺら(笑)
同業者Kによるとペアでいるとのことだが
今日も一匹しか探せなかった・・・


b0100730_0231446.jpg


こちらはウミアザミの仲間に隠れ住む『ヒッポリテ・コメンサリス』まだ標準和名の無いカクレエビ。こいつもケラマでは数匹見つけたのに撮影のチャンスを逃がし悔しかったヤツだ。残波の崖を走れるくらいにビーチダイブを体が思い出したら是非一眼レフでも撮りたいなぁ。
それまではコンパクトデジカメμ600ちゃんにガムバッテもらいましょう!!




b0100730_0234640.jpg最近『先輩ガイドM氏』の影響もあって、安全停止をしながら最近はヤドカリも見るようにしてる・・・
しかし、勉強を始めたばっかりでさっぱりわからない(笑)逆にすべて初めての出会いのようで新鮮!!ん~っ!!面白いゾっ
写真は『カザリサンゴヤドカリ』他にはアカツメサンゴヤドカリ・セグロサンゴヤドカリ・ウスイロサンゴヤドカリの4種が多く見られた。




今日も楽しいダイビングでしたが、まさかそのあとにこんな地獄が待っていようとは・・・
あぁ・・・悪戦苦闘しながら今日はお昼からずっとパソコンと戦いました。
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-05-17 22:48 | 今日の海情報 | Comments(0)
06.05.17 よろしくお願いいたします!
皆様、はじめまして!
沖縄でダイビングを仕事にしております285と申します。

遅ればせながら・・・(?)今日から沖縄のダイビングの話題を中心にしたブログを書きたいと思います。個人的に『フィッシュウォッチング』を主体にしたダイビングが好きなので、魚や、その他生物たちの観察情報を発信し、同じ趣味を持ってる方との知識交換の場に出来れば良いなぁ、なんて思っております。
しかし、前に勤めていたダイビング屋では、パソコンと目が合うのを避けてきた『超~ド素人』の始めた事なのでお見苦しい点も多々あるかと思いますが、どうぞ、広い心で受け止めてやってください・・・。


今日は初めてなので、とりあえず自己紹介をしときたいと思います。

沖縄県出身
18歳の時にダイビングと出会う
1994年にNAUIインストラクター取得
そのまま、ダイビング屋に就職・・・気が付くと10年以上勤めちゃった・・・
(こう書くとエリートっぽく聞こえるね・・・笑、ぜんぜん違いま~す)

10年余り、那覇・ケラマを中心にダイビング修行に明け暮れましたが、30代になり将来のことを考えるようになった時、いろんな意味で自立するため故郷の本島へ帰ってきました。
特に、本島中部の海は地元なのに経験が浅い海域も多く、興味深い!!
これまでの経験を生かして地元の海を知り尽くす事、そして貢献していくとこと!をライフワークにしたいと強く感じている今日この頃です。

・・・と書くと格好よいが現在失業中のダイビングガイド(インストラクター)だ・・・

少々ネガティブな時期もあり、一時は転職も考えるが・・・
結局『ダイビングにしか興味がない』ことに気付いた、男30代・独身・長男なウチナンチュです!

                                    ・・・かるくヤバい?



尚、たいした写真はございませんが著作権は放棄しておりませんのであしからず。             
b0100730_1192778.jpgb0100730_034731.jpg
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-05-17 21:18 | はじめに | Comments(13)