07.1.18 ヘビギンポ・・・?
夕べから、シトシトシトシト・・・雨模様。
ま、寒気が南下してる日に比べれば大したこと無いけど、それなりに寒ーい。。。

近状の海水浴場に入ってみたけど、遠浅なこのビーチは風に冷まされ、水温20度であった。(寒っ)
スノーケリングなのに、“六半カブリ”のフル装備だ・・・と、なるとウエイト8キロ巻いても
やや浮き気味で写真撮るの大変。。。ウエイトベストの購入を真剣に考えるアタシ。

しっかし、今日は透明度が悪かった。
海況チェック時に覚悟の上ではあったけど、視界 1mってとこかな。
泳ぐ魚は早々に諦め、接写オンリー!!!
なので、ヤドカリを撮ったり、こんなコ達と遊んできた↓

b0100730_20331392.jpg『ヘビギンポ』・・・・・・??

(『○○ヘビギンポ』ってのも多くいるが
コイツは 本家『ヘビギンポ』かな?)

??・・・と、いうのも

このヘビギンポの仲間達
分類・識別が
非っ常~~に難しいらしく

うかつに、そうだ!とは
とてもトーシロの僕には言えない。。。




b0100730_20385193.jpgとりあえず、種名は??だけど

上のコも右のコも 雌の個体
だと、思っている。

一つの根に数個体いたんだけど
上・右のコのように
第一背ビレが短いのが数匹と


下の写真のように
第一背ビレが
極端に長く
体つきも
大きいヤツがいたから。




b0100730_2049511.jpg←これね。

明らかに体が大きく
第一背ビレが長いヤツは
近くに2個体 確認。


僕のヘタッピーな写真では
解りにくいけど
このヘビギンポの仲間ってのは
背ビレが3つに分かれてて
と言うか3つある(と言うのか?)
のが最大の特徴。




b0100730_218188.jpgこの、
雄だと思って撮ったコは
少し、興奮したのか
ヒレを広げて
各ヒレが緑っぽくなっていた。

ヘビギンポの仲間は
雄の婚姻色が
種の識別に絶対的に
有効らしいので
いつか撮れればいいなぁ~
と思いつつ・・・

あまりの寒さに
今日は撤退したのであった。。。
なんてね。(もう、トイレの我慢が限界でした・・・笑)
[PR]
# by sensuiannai285 | 2007-01-18 21:40 | 他にも謎の○○を追え | Comments(11)
07.1.16 久々、南風
天気予報の言うほど、スカッとは晴れなかったけど
優しい南風が心地良かった、ここ沖縄。海も見渡す限りのベタ凪。

異常気象としての暖冬は、色々憂えてしまうけど・・・暖かい日は気持ちがいい。。。複雑な心境。

ま、でも、こんないい海況 潜らにゃソンソン!!

岩の亀裂でライト片手に、定番の
『ケフサゼブラヤドカリ』↓
b0100730_220741.jpg

そして『アデヤカゼブラヤドカリ』↓と戯れ
b0100730_2224097.jpg




安全停止中に浅場のリーフをチェックすると
『カザリサンゴヤドカリ』↓
b0100730_2271995.jpg

『ベニワモンヤドカリ』↓
b0100730_2245024.jpg

『グァムサンゴヤドカリ』↓
b0100730_22112456.jpg

『クリイロサンゴヤドカリyg』↓
b0100730_22153836.jpg


と、決して珍しくは無いけれど、個性的なヤドカリ達に出会える。
ヤドカリだけで撮り比べてみるのも楽しい!!


そんな中、“僕的・初見”なヤドカリに出逢った。。。
b0100730_22174246.jpg

剛毛系で、決して綺麗で可憐な・・・とは言いにくいけど・・・こいつの顔には笑った!!!
b0100730_22213839.jpg

“ニヤニヤ顔”だったから~!!!


ちなみに色々調べたんだけど、名前がわかりません。。。詳しい方に聞いてみます。「ニヤニヤ・・・」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1/18 追記
詳しい方に伺った所 “ニヤニヤ君”は 『アミメオニヤドカリ』との事でした。
そんなこんなで、もう一度調べると・・・
しっかり・ばっちり 図鑑に載ってるじゃないですか(笑)お手数かけました。。。
ただ、図鑑の写真ぢゃ、ここまでニヤニヤに感じなかったんですよね(爆)
[PR]
# by sensuiannai285 | 2007-01-16 22:32 | 今日の海情報 | Comments(16)
07.1.14 今日はスクーバで
高気圧のへりに当たるという事で、「全般的に曇るでしょう」と言う予報。

でも、昼間は思ったよりも日の射す時間の多い、気持ちの良い一日になった。
風は北寄りなので、それなりに寒いし波もある海況だったけど、今日は久々にタンク背負って潜った!

自分の中では、“あるエビ”の写真を集めるって、課題を持って入ったけど、この時期は数が少ないようだ。。。
で、そのエビの話は、もう少し情報収集&写真を集めて、尚且つ機会があればってことで(笑)

b0100730_18275280.jpgなので
別に撮った生物を

『ミゾレウミウシ』
沖縄では
それ程、季節に関わらず
いつでも見ることの出来る
ウミウシ。

ただ、この写真のコは
背中の模様が少し乱れて
外側の黒線が二重になってる。

ネットで画像を検索してみると結構(と言っても微妙に・・・笑)変異のあるウミウシみたい。改めて知った。。。




b0100730_19363389.jpg浅いリーフでは
波が入って
体が安定せず苦労したけど

『メガネスズメダイ』の幼魚
幼魚は頭頂部から尾柄部にかけて
赤い部分があって
そこに青いスジが何本も入って
印象的!!し・か・し・・・
コイツも大人になると地味~
に、なってしまって、慣れないと
オジロスズメとの区別が難しくなる

赤が入るスズメダイって意外と少ないし、結構キレイなんだけど
当たり前に居すぎて、誰からも注目されることは少ない・・・
浅い所に棲むし、すぐ隠れるので撮るには粘りが必要だ。。。
しかし、この“幼魚の特権!!の時代”を是非ゲットしたくて(笑)

波にやや揉まれながら写真を撮ってる僕を見て
他のダイバーは「この人、どんなに珍しい魚を撮ってるんだろう」と思ったはずね。。。(笑)
[PR]
# by sensuiannai285 | 2007-01-14 18:55 | 今日の海情報 | Comments(9)
07.1.12 昨日の続き
今日は午前中よく晴れた!

「お、早速昨日のトコでワイドも撮るか!!」と、満潮時を狙って車を走らせ海に着いたら・・・

・・・曇った。

「ま、いいさ~」と、言い聞かせながら風景も撮ってみた・・・が。。。

b0100730_21435458.jpgb0100730_21441744.jpg生物や人物が
入ってないので
スケールが
解りにくいね。。。

と、思って『アオヤガラ』
を入れてみた。

(イマイチだな。。。)

そんなことより
アオヤガラの奥の
サンゴの群生が

b0100730_2150075.jpgb0100730_2150171.jpgまっ平らでしょ!

←近づいて見ると
こんな感じ。

コレはサンゴの
『マイクロアトール』
という形状で
・・ようは、干潮時の
水面直下までしか
サンゴが成長出来無いので
出来る 礁池では多く見られる形。


b0100730_2203520.jpgb0100730_2204934.jpgそれが
大きな範囲で
広がってるって事は
この辺は
干潮時は泳げな~い!(笑)

昨日より広く泳ぐと。。。
こんなに綺麗な
サンゴ群なのに・・・
数箇所、憎き
『オニヒトデ』の食害が。。。
(真っ白なトコが食痕)


たまたま近くに落ちてた塩ビのパイプで北斗百列拳食らわして
駆除しといたけど・・・もっと広く泳ぐと、他にもいっぱい見つかるのかな。。。ちと心配。


生物は今日もあまり良く撮れなかったけど、『ホホグロギンポ』はなかなか可愛く撮れた。
b0100730_22211387.jpg

コイツ、カメラを寄せても全然逃げないので、クローズアップレンズも付けて寄ってみた(笑)
b0100730_22235142.jpg

     どーーーーーーん!!    可愛いんぢゃない??
しかも、体に入る横帯模様が、人とか動物とかをかたどった古代エジプトの文字みたいでしょ~。
顔は、カトちゃん ペッ  だし。
[PR]
# by sensuiannai285 | 2007-01-12 22:48 | 海の生物雑談 | Comments(10)
07.1.11 とりあえず、初浸かり
風も緩み、お日様の射すポカポカ陽気が戻ってきた沖縄本島。
もちろん濡れた体に北風はしみるけど・・・遅ればせながら、とにかく今年初“海”に浸かってきた!

僕が夏の間、定期的に回ってたイノーがいくつかあるけど
周辺で工事が始まったりして、入れなくなってるポイントが多い。。。

なので、前から気になってた場所を新たに見て回ることにした!
今日の場所はあまり期待しないで入ったが・・・・ビ、ビ、ビックリ!!

今までに見たことも無い『コノハシコロサンゴ』の“大群生”が目に飛び込んできた!!!
ここまでの大群生はとっても貴重なのでは無いだろうか?とぶったまげるほどのサンゴ・サンゴ

b0100730_2124224.jpg残念ながら
やや、曇ってもいたし
ワイドコンバージョンレンズも
持たずに入ったので
あまり景色は撮らなかったが・・・

ここは、いつかワイドな写真も
いっぱい撮っておきたい!!!
その時、改めて風景写真を
載せますです。。。

そして、さらにワクワクさせることに
スズメダイが多い!(笑)
写真に写っている青い『ルリスズメ』の他に
『アツクチ』、『ハナナガ』、『キオビ』、『ミナミイソ』
と、地味で熱くなるヤツがいっぱい(爆)

サンゴの群生地から離れると
『ネズ』、『イチモン』、『スジブチ』、『スジブチvar』、『シマ』と、僕が分類や、撮影に課題を持って観察してる連中がわんさか!

あぁ、しかしながら、あまりのサンゴの多さに海底につかまる事も出来ないし・・・
魚がすぐに隠れて全然撮れないんですけど~。。。。。。


b0100730_21242958.jpgしかたなく
サンゴの群生地から離れ
海底につかまれる所!で
上記のスズメダイやチョウチョウウオを
狙っていると
見慣れないウツボが
2匹揃って
岩の穴からひょっこり。

どうも気になったので
撮っておいたのだけど
調べてみると『アセウツボ』といって
極端に浅い海域に住む種のようだ。
ほとんどの図鑑には載って無いし
ネットでの生態写真・情報も、とっても少ない。。。
とりあえず、ラッキ~!


近くには超浅場を好む代表的なヤドカリもたくさんいて楽しかった!!
『マダラヨコバサミ』↓
b0100730_21485993.jpg

『スベスベサンゴヤドカリ』↓
b0100730_21493326.jpg

そして、今回“僕的・初見”の『サンゴヨコバサミ』
b0100730_21513584.jpg

等々、のカワイコちゃん達だ。特に初見の『サンゴヨコバサミ』は気になって色々調べてみたけど
コイツも結構、ダイバーからの情報の少ないヤツであった。
浅すぎる所は、ダイバーが色々見落としてきたトコだからね。(僕も含めて)
オッモシロイヨ~~。
[PR]
# by sensuiannai285 | 2007-01-11 22:10 | 今日の海情報 | Comments(14)
07.1.9 セジロクマノミ
成人の日絡みの連休は、大荒れ・超寒な天気だった。。。
本州でもでっかい低気圧が猛威を振るってたようですが、皆様の所は大丈夫でしたかね?

b0100730_1720085.jpg実は
あまりの寒さと
その他もろもろ
訳あって・・・

2007年
未だ海に浸かってません。。。

一年の計は・・・なんて言いますが
いったいどんな年になるやら(笑)

写真は『セジロクマノミ』ですが
コイツも“うり坊”に
見えなくは無いな、と。(爆)
イソギンチャクのヒダから顔を出すと
まるで布団に包まってるようで、気持ちよさそう。

可愛い人気者です。

が、この『セジロクマノミ』、アラビアハタゴイソギンチャクを好んで棲むけど
先に『クマノミ』が先住してても、幼魚のうちに居候として入り込み・・・
時間を掛けて成長すると“先住クマノミ”を追い出しイソギンチャクを乗っ取ると言うスゴ技を持つ
なかなか、ぶっ飛んだ略奪者であることはあまり知られて無い。
お魚社会にも昼ドラのような世界があるんですね~~!恐っ!!
[PR]
# by sensuiannai285 | 2007-01-09 19:01 | 海の生物雑談 | Comments(16)
07.1.5 正月ボケ
今年の正月は雨もあったものの日中は日も射す天気の良い日が続いた。
ダイビングのみならず、沖縄で正月休みを迎えた人は結構、愉快痛快快適君だったのでは?

b0100730_18174993.jpg僕も
今年はのんびり!!
十数年ぶりに親戚と共に
正月を迎えた。

勤めていた頃は
正月は稼ぎ時であり
常に潜っていたから(笑)

さすがに十数年ぶりに
会う親戚には新たに
“はとこ”も仲間入りしてたりして。。。

ひとり『浦島太郎状態』

そんなこんなで、新年早々、更新が滞っておりますが・・・じきに正月ボケから覚めまするので(笑)

写真は言わずと知れた『メガネゴンベ』だが
なんとなく今年の干支『イノシシ』を連想するな
と、今気が付き。。。(ほら、うり坊に見えてきったっしょ!!)

元旦の写真は、コイツでも良かったかなと・・・いまさら(笑)。。。
[PR]
# by sensuiannai285 | 2007-01-05 18:46 | 独り言・陸情報 | Comments(12)
07.1・1 新年明けましておめでとうございます。
2007年がスタートです。
気分を一新!・・・とは言っても、何か固い決意があるわけではないんですが。。。

b0100730_14483013.jpg
今年も
自然への感謝を忘れずに
海に接していきたいと思います。



皆様のご健康とご多幸を
心よりお祈り申し上げます!



今年も、楽しく行きましょう!!
宜しくです。

1月4日 追記
[PR]
# by sensuiannai285 | 2007-01-01 14:57 | 独り言・陸情報 | Comments(18)
06.12.31 大晦日
いよいよ、2006年も終わりますね~。
ホントに一年“あっ”という間で困ります。。。(笑)
b0100730_1044379.jpg

予定よりも長い充電期間になってますが・・・
その甲斐あってか、色んな発見・体験の出来た一年でした。

皆様、良い年をお迎えください!
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-12-31 20:39 | 独り言・陸情報 | Comments(8)
06.12.29 サーフゾーンのスズメ
♪もう、いくつ寝ると~
はい、お正月ですね。

正月休みに向けて帰省ラッシュもピークを超えたようですが
爆弾低気圧が北上したり、この冬一番の寒気が降りてきたり・・・日々、天気予報が気になる今日この頃。

b0100730_10352150.jpg沖縄も寒気の影響で激寒な日が続き
西海岸は荒れてますね~。

普段はダイバーの多い海岸も
サーファーで賑わってます!

このポイントのサーフゾーンは
水深1~2mの広いリーフが
沖に50mほど伸びていて
そこからドロップオフ状に
リーフが切れる。

波が入ると
常に底揺れする
なかなか過酷な環境だと思うけど
そんなトコを好んで(過酷な環境に適応して)
住む魚も多い。
普通にダイビングしてると見逃しちゃう魚達だ。

そんな魚の一つ『ミヤコキセンスズメダイ』
b0100730_11115077.jpg←この子で
2cmくらいの幼魚
近づくと、すぐに岩の隙間に逃げ込むし
少しでも波があると
ダイバーの体も波に翻弄されて
観察も、撮影も大変!!
でも、スズメダイ界屈指のイケメンであ~る。

この可愛いい盛りの頃は
イチモンスズメダイの幼魚とそっくりで
慣れない内は区別が難しい!!


b0100730_1124037.jpgb0100730_1126483.jpg


そんなイケメン君も成長すると地味な体色に変化するスズメダイとして知られる・・・
ん~・・・小さいうちが花。。。

ま、大人になると可愛くない!とは言っても
彼らにとっては成長の証!!厳しい自然界を生き抜いてこそなので
「余計なお世話」でしょうけどね。。。僕らがそうだったように(笑)

・・・さぁ、それはさておき、“小さいうちが花”を満喫してる
まだ可愛い盛りの、甥っ子・姪っ子のお年玉の準備でもすっかな。
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-12-29 10:25 | 海の生物雑談 | Comments(6)
06.12.27 年の瀬
クリスマスが終わったら、もう、世間は即座に年末モード!!
師走のせわしない雰囲気に、ターボがかかってきた感がありますね~。

ここ数日、天気の良い日と悪い日が交互に入れ替わるような沖縄
今日は日中の車内ではTシャツでも暑いくらい、の陽気な一日。
北風なんで海は場所によっては、荒れ気味ですが。。。

b0100730_2013793.jpgハナヤサイサンゴを覗くと
見つけることの出来る
『パンダダルマハゼ』

各ヒレがしっかり黒く
まさにパンダ柄の人気者!!

狭いサンゴの隙間を
チョロチョロ移動し
観察しにくいのが
ガイド泣かせではあるけど。。。



沖縄にはヘラジカハナヤサイサンゴを好んで棲む
“そっくりさん”『カサイダルマハゼ』を見る機会の方が多いけど胸ビレに注目するとすぐに区別できる!

カサイダルマハゼの胸鰭は透けた色で、黒くないのだ!!
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-12-27 20:32 | 独り言・陸情報 | Comments(6)
06.12.25 メリークリスマス
昨日、イブは夏のようの暑く
そしてクリスマスの今日は雨の沖縄です。

b0100730_16494545.jpg昨日は日曜に重なり
どこに行っても
人・人・人でした。

そして山のように
積まれたケーキにチキン!!

久しぶりの雰囲気に
圧倒されまくり・・・

『カクレクマノミ』の色合いが
サンタクロースっぽく、写っていたので


そんなサンタクマノミと一緒に
「メリークリスマ~ス!!」
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-12-25 17:09 | 独り言・陸情報 | Comments(12)
06.12.22 冬至
風は強く、海は時化たままだが、天気は良く暖かかった本日。

b0100730_23312855.jpg今日は冬至に当たる日で

一年の中で一番
昼の時間が短く
夜の時間が長い

沖縄は緯度の違いで
全国の中でも
日没時間は遅い
はずだけど

6時前にはもう真っ暗。。。
あぁ、冬ですね~

まだ、TVっ子生活は続く・・・
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-12-23 00:05 | 独り言・陸情報 | Comments(6)
06.12.21 TVっ子生活続く・・・
荒れたり落ち着いたりを繰り返してる、ここ数日の天候・海況
今日は台風並みの大荒れDay!!与那国島では最大瞬間風速25.6mを記録したとのコト。
明日以降にも影響を残しそうな見事な荒れっぷりだ!


b0100730_20171124.jpgそんななか僕は
先週から
風邪で体調を崩した事もあって
海には行かずTVを見ながら
うたた寝する日が続いている。。。

それで・・・
普段は疎い芸能界の話題にも
やけに詳しかったりする(笑)

ま、どうでもいいか。。。

写真は『ゴイシギンポ』

イシガキカエルウオにそっくりだけど、体の柄はこっちの方がオシャレさん!!(だよね?)

もっと人気が出ても良いと思うんだけど
「イシガキカエルウオ・フタイロカエルウオ・ヒトスジギンポ」の“カエルウオ御三家”の影に隠れがち・・・かな?

やや浅いリーフに多く、見る機会もやや少なめなのは同属他種との棲み分けなんでしょう。
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-12-21 20:53 | 独り言・陸情報 | Comments(8)
06.12.18 ウミウシの顔
昨日までのビュービュー!ゴーゴー!!の風はだいぶ落ち着き
時折、日も射し暖かくも感じた今日。海はまだ時化てるのかな?その辺ミカクニン。

数年前、素晴らしい図鑑の発刊によって、大ブレイクした(いや、現在もブレイク中の!)“ウミウシ”

その衝撃的な図鑑の出る前は、図鑑を開いても『ウミウシの仲間』としか載ってなかったり
掲載されてる種類も少なくて、興味を持つダイバーも少なかったのにね(笑)

図鑑が充実してると調べる楽しみが増えるし、新種か?珍種か?ってワクワクしたり
そんな楽しみ方を追求するタイプの多い日本人のツボにはまったんでしょうね。
デジカメの普及と“撮りやすい被写体=ウミウシ”ってタイミングも絶妙だったしな~。

で、そんな観察・撮影する機会の多くなったウミウシ達ですが
ウミウシの顔まで見てる、もの好きな方も結構いますかね?

実は
b0100730_22553575.jpgウミウシの顔をよく観ると
しっかり、目が確認できる
(分かりやすいトコに目がある)
種類がいます。
この“目”がどの程度見えてるのか
僕には分からないけど
“目”があるだけで親近感が湧かない?
知能も高そうに見えるし(笑)

『ヒオドシユビウミウシ』
コイツは目周辺の模様や体型のおかげで
特に顔っぽい部分を持つウミウシ。



b0100730_2385014.jpg『クロヘリアメフラシ』だって
よく観ると“目”が、ほら!

b0100730_23183665.jpg











ウミウシの種類によって目のついてるトコが少しずつ違うので
他にも写真無いかな~って探してみました。
b0100730_2133234.jpg『ミガキブドウガイ』
コイツはわかり易いかな?黒いチョンが一対

b0100730_21354070.jpg










もちろん、目がどこにあるのか分からない種類でも可愛いヤツはいっぱいいますが
せっかく、観たり、撮ったりしてるんだから、ウミウシの顔にも注目したら面白いかもねって話しでした~。
[PR]
# by sensuiannai285 | 2006-12-18 23:31 | 海の生物雑談 | Comments(6)