<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
07.3.29 ミクロ
昨晩の天気予報を見てた時は、今日はどんなに素晴らしい天気になるだろうと期待してたけど・・・
目覚めると、どんより曇り空。。。早朝から大量の洗濯物をしたらしい、ウチの母親も呆然としてた(笑)

ま、空はどんよりでも、風は止み海はベタベタに凪いでいたんで、ちょっと深場の探索に行って来た。


前々から撮りたかった(結局、今日も撮れてないので現在進行形だけど・・・)
フカミスズメダイに悪戦苦闘してると、フッと目に入ったのがこちらのヤドカリ
『ミクロパグルス属の一種』僕的初見?(初確認)のヤドカリだ。
b0100730_175306.jpg

このミクロパグルスの仲間はこれまで多くの種(?)が見つかってるみたいだけど
色彩だけでは判別が難しいらしく、研究も進んでないとの事で、どれもこれも不明種。。。
僕も機会があればいろんな個体の写真を撮っておきたいゾ。
でも、小さいんだよね~~。ミクロと言われるだけに。
(今日のコは割と大きい方だったんだと思う、1cmくらいはあったもの!笑)



安全停止中も初見の“甲殻類”を撮った。

ハナヤサイサンゴの先端に小さな穴があり、その小さな穴の周りのポリプは死んで白くなっていることがある。
これまでも、なんかカニだか、エビだかが住んでるんだろうな位に、気にも留めなかったんだけど
・・・とりあえずメモ代わりに撮ってみた。。。すると、写ってた!ヘンテコなヤツが!!
b0100730_18433548.jpg

・・・結局、なんだか解らんけど。。。やっぱりカニだかエビだかが住んでいたらしい(笑)カニだろうな??
しかしコイツも小さい生物だった。

肉眼では良く解らない色・形も画像として残して楽しめるって、ホント、カメラって面白いね~。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-29 19:01 | 海の生物雑談 | Comments(18)
07.3.28 獲物を求めに・・・が。。。
今日は晴天!ポカポカ陽気にも程があるほどのいい天気
最高気温は25℃を超える夏日!

しかし昨日、昼前に大きな前線が通過したので、午前中は、まだどこも海面バシャバシャな感じだった。。。

今年の冬は歴史的暖冬だったこともあり、色んな幼魚たちの出現が早いかも?と仮定して
新たな“定点観察の獲物”を探しに、近所のビーチに出かけたけど、思った以上に風が強く・・・

超・浅場なトコなんで、波立つと濁るし体も翻弄されて・・・ダメだ。。。
獲物を探してられない~。

で、早々に撤退。

b0100730_21281612.jpg

「上手く行かないもんだぜ・・・」

天を見上げるアタシ
・・・イヤイヤ、これは『シラナミイロウミウシ』

ま、しゃ~ナイ。
獲物探しは慌てず、じっくり行くしかないわね。。。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-28 21:41 | 今日の海情報 | Comments(6)
07.3.26 宿題は続く
昨日は朝から大雨、今日は朝からピーカン。
そして今夜から明日にかけて、またまた天気が崩れる予報。。。

そんな、合間を縫って天気の良い日にヘルプの仕事が入った。

ポイントに向かう途中は何度もクジラにも出遭え、僕が久々のボートを満喫してきた感じ?
タイミングが合わず写真はロクなのが撮れなかったけど(笑)
この時期、沖縄近海に子育てにやってくることで有名なザトウクジラ
その数はここ数年、増加傾向にあるらしい!とても嬉しい事だと思う。
(ホントはここでクジラの写真をバーンと出すとカッコ良いけどなぁ~・・・笑)

ま、いっか。。。(クジラ写真は宿題って事で)


宿題と言えば、ヤドカリを探しながら洞窟に篭ってると目にする機会の多い『ミヤビチュウコシオリエビ』
以前、図鑑の写真と印象が違う!・・・と、後回しの宿題にしてた事があるけど、
やはりミヤビチュウコシオリエビで良いとの事。
07.1.26 ムーチーの日←宿題にした日
b0100730_20323857.jpg


ロボコンの愛称で人気が爆発したアナモリチュウコシオリエビは個体数も多く
比較的浅いトコでも明るいトコでも見ることができるけど
コイツはやや深く、暗い洞窟内の壁が好みの場所らしく、しっかり棲み分けしてるみたい。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-26 21:27 | 今日の海情報 | Comments(5)
07.3.23 イザリ改
ここ数日、またまた初夏を思わせる良い天気が続いてる!
まさに、暑さ寒さも彼岸まで。。。

色んな初体験を経験した、潜水作業のバイトも年度末。今日でお役ご免となった。
とりあえず、5時起き生活も終了となる(イェイ!!)



写真は先日、“後輩公也”と潜った時に見かけた『オオモンカエルアンコウ』
自由行動中で公也は見てないらしいけど(笑)
b0100730_21391838.jpg

※もう、ご存知の方も多いと思うけど、ダイバーに人気のイザリウオを含む約30種の魚の標準和名が
「差別的な言葉を含む」として、今年の2月に正式に変更になった。
イザリウオ以外、そのほとんどがダイバーにはなじみの薄い魚なので戸惑いは少ないと思うけど
『カエルアンコウ』は早く言い馴れないとね~(笑)


で、この『オオモンカエルアンコウ』・・・実は2匹寄り添っていた!
回り込んで、反対の個体を主役に撮ると。。。
b0100730_21512376.jpg

わっかるかな~~??ホント、同化の名人だね。
こいつら、エサになるような魚が極端に少ないエリアに鎮座してて・・・
ちゃんと、喰ってけるのだろうか??と心配に思ったけど

オオモンカエルアンコウに言わせれば・・・
「お前の方こそちゃんと喰ってけるか心配じゃ!ボケ!!」と思ったことだろう。
チャンチャン。。。


↓ちなみに、どんな魚の標準和名が変わったのか詳しく知りたければこちら
日本魚類学会差別的標準和名の改名最終勧告
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-23 22:14 | 海の生物雑談 | Comments(10)
07.3.21 アダルティー・ウツボ
世の中、世知辛いもので・・・

アルバイト仕事は、“有る場合と、無い場合がある”。。。(スイマセン、使いまわしのシャレで・・・)

今日は、仕事(日雇いアルバイト)の予定がキャンセルになったので、潮を選んで早朝から海に行ってきた。
狙いは、昨日も後輩Kと見てきたハゼだったのだが・・・
なかなか上手く撮れなくて・・・ブログアップはまた、次の機会に。。。(と、かれこれ1年が過ぎる)

時折、にわか雨は降ったけど、また夏のような暑いナイス天気が戻ってきてて
海も大分落ち着きを取り戻してきてる。そそ、こうでなくっちゃ!!

ハゼに惨敗し、浅瀬に戻ってきた時に見慣れぬウツボに出遭った。。。

b0100730_22374316.jpg

一生懸命、調べたけど、自力では同定に至らず・・・
頼りの魚類分類学の博士、S能氏にご教授願ったところ・・・

『シマアラシウツボ』の老成魚と思われる。との事で。 ん、アダルティー。。。
出来れば全身の写真があればもっと細かくチェック出来るのだが・・・との事だけど残念・・・
これしか撮ってなかった。。。またの機会に是非撮らねば!!!

でも、ま、なるほど・・・!やはり僕の脳にはインプットされてない種ではあったようだ。


にしても、どうも・・・やや、いかがわしい感じで撮れちゃったものだ。。。

・・・ここで、ニヤニヤしてしまったアナタ!!




アナタも・・・大人です。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-21 23:05 | 今日の海情報 | Comments(8)
07.3.20 火曜 愛の劇場
(花王 愛の劇場からのパクリだとは誰も気づくまい。。。)

阿嘉島から後輩が仕事を兼ねがね、本島に出てきてた。そんな“後輩公也”のブログ
阿嘉に帰る前に「本島で潜らせろ!!」と凄まれたので・・・(笑)二人でビーチで遊んできた。


『ボーランドウミウシ』
b0100730_2162666.jpgいつも綺麗な海で潜ってる
彼の希望は

泥の堆積した
マニア御用達のポイント。

慶良間では未だ
発見されてないハゼを
メインディッシュに
色々、案内してくれ!と

が・・・

水中では、てんでバラバラ(笑)
途中から、お互い完全自由行動だ。。。

魚撮るには、やや透明度が
キビシかったので
僕は、久々にウミウシばかり
見て、撮って遊んできた。


この時季、このポイントはもの凄い数・種類のウミウシが簡単に見つかる!

・・・で、あちこちで交接してるカップルもいっぱい。。。


『ホシゾラウミウシ』も・・・
b0100730_21462079.jpg


『センテンイロウミウシ』も・・・
b0100730_21474142.jpg


『イボヤギミノウミウシ』も・・・(こいつは分かり難いけど。。。笑)
b0100730_21483820.jpg

皆、イチャイチャだ。ラブラブだ。
ドロドロな(トコで)恋愛劇・・・だ~。。。(今日も表題付け失敗だな)




単体でも嬉しい出会いも多かった。
b0100730_2214737.jpg

そんな中のひとつ『カノコウロコウミウシ』
以前、阿嘉の港内で確認して以来の出会いだった。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-20 22:25 | 今日の海情報 | Comments(8)
07.3.18 トントンミー
3月は・・・思いのほか、かなり忙しい日が続き、バタンQ~~・・・zzzな日が多い。。。
西へ東へ忙しくさせて貰ってるのは、ありがたいんだけど
写真を撮ったり、ブログを書いたりする余裕がない。(少しイイワケ・・・笑)

そんななか、今日は急遽ポッカリ穴が開き、時間が出来たので『トントンミー』を見に行ってきた。

“トントンミー”ってフレーズは県外ダイバーには、全く聞き慣れないかもしれないけど
沖縄では老若男女、誰でも知ってる魚の名前で
グルクン、アバサー、ミーバイ・・・以上にメジャーな言葉かも?(笑)

b0100730_16445176.jpg

トントンミーとは、“トビハゼ”(トカゲハゼ含)のことで、魚のクセに水中より陸上が大好きな変なハゼ。
マングローブの茂る河口や干潟で、ピョンピョン跳ねてる愛嬌いっぱいのハゼだ。

沖縄でトントンミーと呼ばれる連中は
トビハゼ属で『ミナミトビハゼ』・『トビハゼ』の2種、トカゲハゼ属の『トカゲハゼ』の合計3種が生息してて。

もっとも多いのが今回の写真の『ミナミトビハゼ』
b0100730_17214921.jpg

b0100730_17231467.jpg

水際でピョンピョン移動しながら、岩や、木に登っては休んでる。
b0100730_1727692.jpg



そんな愛らしいトントンミーを研究してる学者さん
仲里裕子さんのHPがあるので
紹介しますマッドスキッパー・ワールド
トントンミー尽くしで、スッゲー面白・勉強出来るんで、是非覗いてみてみて。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-18 17:43 | 海の生物雑談 | Comments(20)
07.3.14 張り切る男子
僕が物心ついた頃には、2/14のバレンタインデーには女性が意中の男性にチョコを渡し
3/14のホワイトデーには男性がチョコのお返しをする・・・という世の中の流れが出来ていた。
日本だけの文化らしいけど。。。

ま、そんな、ホワイトデーにちなんで。

海の(に限らないが)生物の求愛はもっぱら雄の役目だ。

雄が情熱を持って雌を誘い、自分の子孫を残そうと興奮する時に、普段の体色とは違う
“婚姻色”をみせる魚達がいる。綺麗系ではハナダイの仲間なんて有名さ~!
色が濃くなったり、独特の模様が浮き出たり、婚姻色の出方は様々だけど
まるで違う魚かと思うほど、劇的に体色が変化するものもいる。


ヘビギンポの仲間も、雄が婚姻色を出すと通常色からは想像も付かない体色になり
それが近似種との判別の決め手にもなるらしい!!

『セグロヘビギンポ』のペアに出遭った。
b0100730_2234961.jpg

オスは全体的に黒ずんで、白い縞模様が浮き出ていた。
背鰭をピンと立て、体を震わせたりしながら、彼女に一生懸命アピールする彼氏。

ただ、雌は側でカメラを構えた僕(巨大異生物)が気になるのか、彼氏に魅力を感じないのか・・・(笑)
b0100730_22191592.jpg

・・・つれない感じで、付かず離れず。。。
(お腹は大きく見えるので、産卵期ではあると思うんだけども)





結局、僕が見ている間は大きなアクションは無かったんだけど・・・
b0100730_2222384.jpg

果たして、二人の恋は成就したんでしょうかね~???
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-14 22:36 | 海の生物雑談 | Comments(10)
07.3.12 三寒四温
三寒四温とはよく言ったもので
まさに、最近の沖縄は寒かったり暖かかったり・・・メマグルシイ~~。
でも、春は確実に近づいてる!と考えると気分もアゲアゲ(こ、これも古い?)


家で縮こまってた皆さ~ん
b0100730_21324648.jpg






そろそろ、出てきたくなる頃ぢゃないで~すか~?
b0100730_21335664.jpg

『スベスベサンゴヤドカリ』
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-12 21:36 | 今日の海情報 | Comments(6)
07.3.10 土曜の夜の天使
3月に入って、急に忙しい日々が続いており
その間、ず~っと寒い日ばかりだったんだけど、今日は久々に晴れ、風も南風。
暖かな一日になった。

明け方早くは小雨がパラついてたんで、天気予報を信じず・・・結構厚着で土方作業をしていたら
見る見るうちに晴れ渡り、気温も急上昇!Tシャツを絞るほどの大汗をかきながら・・・フラフラで(笑)

そんなこんなで、(どんなこんなで?)ここ数日の水中写真は無いんだけど
先日、友人ガイドとヤドカリ調査に行ったときの写真を少々。

洞窟と言えばヤドカリの宝庫で、たくさんの種類が見つかるけど
その中でも、やたらめったら、動きの俊敏な子らをご紹介。(なぜか?それは後ほど・・・)



『エンネオパグルス属の一種』
b0100730_2303075.jpg

何度か紹介してる、まだ、和名の無い美種。必死で逃げる時はジャンプすることもある面白いヤツ。
条件がそろうトコには多く生息するので観察しやすい。



『ヒメヤドカリ属の一種』
b0100730_2371933.jpg

ハサミ足の感じとか立ち振る舞いがエンネオパグルスにそっくりだけど・・・地味な種(笑)
よく見かけるけれども、小さいのでなかなか撮りにくい



『オオエビスヤドカリ』
b0100730_23154155.jpg

その日“僕的初見”だったなかなかの珍種。体のサイズに不釣合いな小さな宿貝を背負う!
理由は簡単!隠れるよりも走って逃げるのが得意だから(笑)そのため、脚がスラリと長く進化してる。



『イダテンヒメホンヤドカリ』
b0100730_2329363.jpg

マッハで“走り逃げる”と言えばこちらは元祖的に有名!ヤドカリ界のカール・ルイス
まさに韋駄天!捕まえると宿貝をも捨てさらに走り逃げる。


4種とも、沖縄では潮通しの良いポイントの暗い洞窟内で見かけることが出来る種類で
オオエビス意外は比較的簡単に見つかるので、機会があれば是非、その動きや逃げっぷりにも
注目してみてね。

この子らは、ホント“『走り出したら止まらないぜ~♪』な土曜の夜の天使”達な~のだ。。。
(解っかるかな~??このフレーズ・・・笑)

いくら、今日がネタの無い土曜だからって
ちょっと、強引かつ無理やり感は否めないか。。。(爆)
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-10 23:58 | 今日の海情報 | Comments(10)