2007年 03月 18日 ( 1 )
07.3.18 トントンミー
3月は・・・思いのほか、かなり忙しい日が続き、バタンQ~~・・・zzzな日が多い。。。
西へ東へ忙しくさせて貰ってるのは、ありがたいんだけど
写真を撮ったり、ブログを書いたりする余裕がない。(少しイイワケ・・・笑)

そんななか、今日は急遽ポッカリ穴が開き、時間が出来たので『トントンミー』を見に行ってきた。

“トントンミー”ってフレーズは県外ダイバーには、全く聞き慣れないかもしれないけど
沖縄では老若男女、誰でも知ってる魚の名前で
グルクン、アバサー、ミーバイ・・・以上にメジャーな言葉かも?(笑)

b0100730_16445176.jpg

トントンミーとは、“トビハゼ”(トカゲハゼ含)のことで、魚のクセに水中より陸上が大好きな変なハゼ。
マングローブの茂る河口や干潟で、ピョンピョン跳ねてる愛嬌いっぱいのハゼだ。

沖縄でトントンミーと呼ばれる連中は
トビハゼ属で『ミナミトビハゼ』・『トビハゼ』の2種、トカゲハゼ属の『トカゲハゼ』の合計3種が生息してて。

もっとも多いのが今回の写真の『ミナミトビハゼ』
b0100730_17214921.jpg

b0100730_17231467.jpg

水際でピョンピョン移動しながら、岩や、木に登っては休んでる。
b0100730_1727692.jpg



そんな愛らしいトントンミーを研究してる学者さん
仲里裕子さんのHPがあるので
紹介しますマッドスキッパー・ワールド
トントンミー尽くしで、スッゲー面白・勉強出来るんで、是非覗いてみてみて。
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-03-18 17:43 | 海の生物雑談 | Comments(20)