2007年 02月 16日 ( 1 )
07.2.16 友人とヤドカリ探しぢゃ
b0100730_21255159.jpg朝から
日が出て
心地よい天気。

風も南寄りで
気温もグングン上昇!

蜜集めに蜂も忙しそう。

荒れてた海も
見る見る穏やかに。

ヤドカリにハマってる僕に
友人ガイドが
取って置きの穴を教えてくれた。

そこはチト深く、ゆっくり・のんびりは
出来ないんだけど
まだまだ、何度も通って調査したくなる
魅惑の穴だった。


ニヤニヤしながら物色してると友人ガイドが綺麗なヤドカリを見つけてくれた!!

「おぉ~~!!コイツは初めて見るぞ~~!」と、パシャパシャ。。。


『ホンヤドカリ科の一種』
b0100730_21531177.jpg

川本剛志/奥野兒氏著の“エビ・カニガイドブック2”には『ホンヤドカリ科の一種』 PAGURIDAE sp.
として紹介されている。

書いてあることを抜粋すると・・・

従来知られていたホンヤドカリ科の属のどれにもあてはまらない。
これまで知られていなかった種であるため現在のところ分布範囲も不明。


とある。

少なくとも、この図鑑の初版が発行された2003年当時は
新たに見つかった“謎のヤドカリ”だった・・・ってワケね。。。

とりあえず、今僕に言えることは「沖縄本島にもおったど~~!!」ってトコか。

ま、現在、2007年。。。図鑑が発行されてから4年の歳月が過ぎてる訳で・・・
学者さんの間では精査が進んで、今頃は属なんかも決まっているかもね。ちょっと訊いてみよ~!!

で、これだけでは終わらない(笑)
さぁ、そのチト深い穴から撤収しようとしたら

なんと、宿貝を持たずにオロオロしてる同種『ホンヤドカリ属の一種』をやはり友人が見つけたのだ!!

b0100730_22275670.jpgでもそのコは
ぜ・・・全裸。。。?!

きゃ~~~~~!!!!!

よく見ると
両鋏足も欠損してるので

ひょっとしたら宿貝を
他のヤドカリとの攻防の末
奪われてしまったのかもしれない。
自然界では常に
強者しか生き残れないのじゃ。


と、僕は手助けすることも無く、このコの恥ずかしいヌード写真をカメラに収めるだけ収めて
帰ってきたけど、新しい宿貝は見つかったかなぁ。。。と、今頃、心配してみる。。。(笑)
[PR]
by sensuiannai285 | 2007-02-16 22:49 | 他にも謎の○○を追え | Comments(6)