08.5.29 謎のスズメダイを追えpart20
と言うわけで、ゲストが途切れた事をイイ事に(?)
ライフワークである、近所の海水浴場のパトロール。
思えば久しぶりだ。

浅いビーチだけに、水温も一気に上がり26℃台。
気が付けばスズメダイの幼魚が爆発している。


僕が2年前からずっと追い、観察している
当店限定のコードネーム“プリプリ” 『ソラスズメダイ属未同定種』
昨秋、かなりの数の成魚が姿を消したんで、今年の幼魚の出現具合がとても心配だったけど。

・・・心配御無用!!だった。
b0100730_20403969.jpg
たくさんのチビちゃんが姿を現している!今年も楽しませておくれ!!

この綺麗なオレンジにブルーラインのチビは1.5cmサイズで、見れる期間が短く・・・まさに今が旬!!
7月に入ると3cm以上の幼魚しか確認が難しくなり、成長につれ、体もグレーになっていく。



『リボンスズメダイ yg』の姿もたくさん見れた。
b0100730_2052789.jpg
成魚は泳ぐ範囲が広く、追ってもなかなかコンデジでは難しいけど
幼魚は、危険を感じた時に逃げ込む穴から離れないので、タイミングが合えば、どうにか写る。
このリボンスズメは幼魚より、成魚の方が華があるなぁ~。



『スミゾメスズメダイ yg』も常連メンバー
b0100730_2033156.jpg
興味がなければ、“プリプリ”と同じ魚に見えるかも??(笑)
このスミゾメスズメは繁殖期間が長いのか、例年9月頃まで1.5cmクラスの個体に逢うことが出来る。

何はともあれ、どこ潜ってもスズメダイの幼魚達が最も面白い季節に、すでに突入している!!
[PR]
by sensuiannai285 | 2008-05-29 21:17 | 謎のスズメダイを追え | Comments(4)
Commented by しげる at 2008-05-29 23:17 x
このよく出てくる「近所の海水浴場」ってどんな環境なんですか?
海水浴場だからやはり、砂のビーチなんですか?
このフィールドの環境に興味ありです。
Commented at 2008-05-30 17:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sensuiannai285 at 2008-05-31 23:11
しげるさん
大きな湾の奥まったトコに位置する遠浅なビーチです。
外洋との境になるリーフがはるか沖合いで、川から入る水は、せき止められる形で
入れ替わりが少ないので、汽水の魚が多く居ます。そして意外な温帯種も
基本、広い砂底のビーチですが、一部泥、岩場、転石帯もある・・・そんな感じです。
Commented by sensuiannai285 at 2008-05-31 23:18
鍵コメさん
いやいや、早々だなんて・・・(笑)
「なーんだ」って事は全然ありませんよ~~。
その“着眼点”こそダイビングをより楽しくする要素なワケで!!
また、今夏もバシバシ撮ってきて下さいね~~。


<< 08.6.1 おかげさまで、一周年 08.5.28 NAUI AD認定 >>