06.5.27 謎のスズメダイを追えpart2
                                          (仮称 プリンス君)
b0100730_15205182.jpg
@@@@@@@@@@@@@@@
ポイント      近所の海水浴場
天気        晴れ/雨/曇り
気温        29℃
水温        26.5℃
南西→西の風
大潮
@@@@@@@@@@@@@@@


本来、天気予報では終日の予報だったにもかかわらず、午前中は刺すような日差しの晴天。お昼頃にドカっと降りはしたものの、すぐにスキっと晴れ渡り・・・きっと今日は、『予報が外れた!予報が外れた!!』と誰からも言われるんでしょう気象庁。。。
どうした気象庁!がんばれ気象庁!!
(ま、良いように外れたから僕は構わないのですが)

今日は、以前紹介した『謎のスズメダイ』を観に行った。
またかよ!?とお思いかもしれないが、何度でも観に行くし、何度でもブログに出てくるよ~!!(笑)
コレは、他の生物もそうで~す!

今日の大きな目的は、
①できるだけ、砂被りの少ない写真を撮る!
②同種、別個体を撮る!

である。

まずは、以前紹介した個体にアプローチ。撮りながら観察した感じ、縄張りがしっかりあって、泳ぐコースも不規則ではあるが、決まっている。特に幼い個体ほど縄張りの範囲は小さいようで、待ち伏せ作戦で撮ると良い。・・・って、多くのスズメダイに当てはまることだな。。。

ある程度撮った後、『他の一回り大きい個体』に移ったのだが、やはり大きい個体ほど地味さが増す!!あまりの写真栄えのしなささにあまり気合が入らない・・・
「最初に観察してる子がきっと若いせいもあって、綺麗だなぁ。。。」よし、彼をとりあえずプリンス君と名付けようなんてこと考えながら。。。パシャパシャ

b0100730_15454144.jpgb0100730_15455833.jpgb0100730_15461363.jpg








(↑全部、別個体で成魚と思われる個体。体調7~8cmってところ)・・・砂、被りまくりですね。
「これじゃ、いか~ん」もっと気合を入れて、こいつらも目的①を果たさねば!!と思った時に僕の目に衝撃的なものが飛び込んできた!!!

こいつらだ!!!
b0100730_15561383.jpgb0100730_15563218.jpg












(左)は『マリンダイビング05年6月号』で砂辺で撮られた写真が掲載されていたが、そのときのコメントがこうだ、【見たこともないメギスの仲間。《神奈川県立生命の星・地球博物館》の瀬能宏氏におききしたところ、ニセスズメ属の未記載種とのこと】・・・とのことだ!その日から見てみたい見てみたいと思っていた魚であった。

そして(右)が『アイスズメダイの幼魚』!!!成魚の分類が混沌としてるクロソラスズメダイ属のひとつで、特にこの『アイスズメダイの幼魚』は生態写真の少なさから幻の魚とされている・・・はずだ・・・。
(なので、僕もこれがホントにアイかは確証はないが、たぶん間違いない・・・はずだ・・・。)

どちらにしろ、僕が見たい見たいと思っていた魚達である。
そんな連中が同じ位置から狙えるとあって、そのときの僕は二兎を追うどころの話じゃない(笑)
結果は。。。写真を見て察するところであります・・・(笑)

2時間たっぷり遊んで寒くなってきたので、帰ろうと思ったのだが「もう少しだけヤドカリも何が多いか見ていこう」なんて気になったりして・・
b0100730_1634659.jpgb0100730_16343993.jpg












(左)『ツマジロサンゴヤドカリ』と(右『)セグロサンゴヤドカリ』が特に目立った種類で、いろんなステージのサイズが見られる。寒さをこらえ、手ごろな貝をひっくり返して散策してると・・・

b0100730_16515230.jpg



プルリンッ!!
岩にしがみ付くのが必死だったのか、腹筋が弱かったのか(笑い)
・・・出ちゃった。。。
この後、貝を差し出すとすぐにもぐりこんだが
そりゃぁぶったまげたでしょうね。
[PR]
by sensuiannai285 | 2006-05-27 17:07 | 謎のスズメダイを追え | Comments(5)
Commented by 先輩M at 2006-05-28 15:40 x
謎のスズメダイはBROWN DAM(P.opisthostigma)ではないでしょうか?REEF FISHES Identification TROPICAL PACIFICのp90上段左にそっくりです。これで、尾鰭が白くなかったらミナミイソスズメダイです。前浜のオジロは尾が黄色いです。

写真のニセスズメ未記載種はバリで撮影しました。

黄色いスズメダイの子はアイ?
違う気がします。
現在、アイスズメは存在自体が危ぶまれております。
学名は、apicalis これはオーストラリア近海の固有種でオーストラリアン・グレゴリーのことです。「日本の海水魚」p461のセダカとでているのが日本でアイと呼んでいる個体の写真と言われていて
正直、俺も何だか判りません。
クロソラスズメ属は、みなゴチャゴチャしていて混沌としており
この謎を究明しようと日々努力をしている人々がいるのであった。以上。
Commented by 285 at 2006-05-28 19:35 x
『先輩M』さん、早速のアドバイスありがとうございます。
手元にある図鑑と僕の検索技術ではまだBROWN DAMSELの画像にたどり着けません・・・どっか良いサイトないっすか?色々、写真みてみたいっす・・・
本島で見るオジロ(と思っている)やつもどっちっかって言うと尾ビレは黄色っぽいっす。

アイについては、存在が危ぶまれてるとか、混沌としてるってのは、色々調べて以前から知ってたんですが、ちょっと見てもらいたいものがあるのでメールに添付して送りますネェ。『吉野雄輔さん』が書いた文と写真なんですが。。。
Commented by ashu_namy at 2006-05-28 22:44
285さん、早速やってきました!!& リンクはらさせていただきました。
お元気そうで安心しました。
沖縄に行ったときは、また一緒に潜ってくださいね!^^
Commented by Y.Y. at 2006-06-07 01:12 x
いやー、いろいろあってすごく面白いですね。スズメダイも難しくて、あまり細かく見る気がなかったんですが、アイスズメダイの名前に惹かれてネット巡りしてみました。本当に混沌としているようで、アイと書いてありながらも???というものもかなりあるようですね。吉野さんの文章と写真も見てきましたが、そっくりでしたね。他でもクロソラスズメ属研究している所もあるようで、今後も色々勉強してみる気になってます。いやー、仕事が手につかない位で、ちょっと注意が必要かな。うーん、でも一時間一箇所でスズメダイだけ見るダイビングなんて出来るかなあ?
Commented by 285 at 2006-06-07 15:11 x
Y.Y.さんこんにちは。
僕もスズメダイがこんなに面白いとは最近気がついたばかりで、まだまだ勉強不足ですが。。。だから面白いってのもありますけどね!
一時間ただ見るだけならさすがに飽きるかもですが、「少しでもマシに撮りたい」と思うと“あっ”という間に時間が過ぎるのであります。。。
少し勉強すればするほどこれは『○○』ですと迂闊に言えなくなっていく~。(笑)


<< 06.5.29 さみだれ・・・な一日 06.5.26 修学旅行 >>