14.6.18 藻場攻め
結論から言うと
昨夜のサンゴの産卵は『不発』
(もちろん、僕らが潜ったポイントに関しての情報)

この潮周りで世に生み出されなかった卵たちは
一体、いつ産まれるのでしょうね?
次の新月(の大潮)辺りにも可能性を残す結果となり

サンゴの産卵もデータが集まり
サンゴの事を知れば知るほど、解らない事が増えます(笑)


さて、気を取り直してKさんの課題・宿題の一つ

『藻場攻め』 



藻場と書くけど、今日の大本命は海藻ではなく
『海草(うみくさ)』の方。

b0100730_21582041.jpg


『ウミヒルモの花』に夢中になるKさんの横で
(雄株・雌株とあり、雄株には雄花・雌株には雌花が、咲くとの事)



どうも、植物では萌えない僕は・・
潜んでる生物に目が行く(笑)のだが。。




目を凝らすと、ヨウジウオの仲間 『オクヨウジ』かな?
b0100730_22123898.jpg
1cm~4cm程度の小ッさいのがいっぱい!隠れてる。
今、旬なんでしょうね。本気で数えたら何百匹っていると思う。




『アカボシキセワタ』でしょうか。
b0100730_22181646.jpg
産卵中。




『ヒメイカ』も
b0100730_22184833.jpg
潜みながら獲物を狙ってるんでしょうね。




『ヒラツノモエビ』も
b0100730_22194525.jpg

ジッとしがみついて、草の一部になりきっている




細ッい枝葉を器用に歩く『クロヘリシロツバメガイ(ウミウシ)』
b0100730_22215322.jpg
周りに溶け込んでなくて・・目立ってますけど。




そして、僕的大ヒット。
いや、ホームランでもいいかも(爆)

『シロクラベラ』の幼魚!
b0100730_2228277.jpg
1~2cmのステージは、通の世界では『幻の魚』(笑)
いる環境が、ちょっと普通のダイビングでは潜らないような特殊な事・・・
極小幼魚が見られる期間が春先から初夏・・と、期間限定な事。。と観察するのには攻める姿勢が必要。


いやいや、近いうちに撮り直しに行って
こちらに追加したい~~~!!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その他 当店ブログ ・・・不定期更新中!


潜水案内~Okinawa~ 自己満足フォトギャラリー
海ュ~ジアム

沖縄本島で確認できた生物達(WEB図鑑) スズメダイ編
沖縄本島のスズメダイ

沖縄本島で確認できた生物達(WEB図鑑) ベラ編
沖縄本島のベラ

世界に散らばる日本人ガイド集団 ガイド会による、日替わり日記。
世界の海ブログ』 毎月28日担当。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by sensuiannai285 | 2014-06-18 22:34 | 今日の海情報 | Comments(0)


<< 14.6.19 連日の藻場攻め 14.6.17 カサノリ観察と... >>