12.10.20 どちら様?? パートⅡ
以前、話題に挙げた『黒ずんだルリスズメダイ


不思議なモンで、これまで全く気付いた事もなかったのに
今年の8月にも同じような状態の成魚サイズの個体を
ボートポイントで確認していて。。Oさんに撮って頂いていた。
現場では、「何でしょうね~~初めて見た」と盛り上がりはしたものの
そのまま、お蔵状態・・・だったのだが

今回、別個体も見つけた事に『こりゃナニかアルぞ』と(笑)

Oさんに画像の拝借をせがんでいた。
のが、先日届いた。


それが、こちら。
b0100730_2194879.jpg
撮影日・・・・・2012/08/03

別カット
b0100730_21113286.jpg
コレで、約6cm程の成魚・雄サイズ。


『どちら様 パートⅠ』のコと、黒ずんでる場所、黒ずんでる具合。。
ホッペ辺りがピンクっぽい感じ。等々

とてもよく似ている。


かなり興味出てきた状況だったので
瀬能先生にも報告しつつ、ご教授願っていた。
写真だけでの判断を強要し、大変恐縮ではあるものの

瀬能先生の見解は、ひとまず下記のようになる。

断言はできないのですが,ご指摘のように
ルリスズメダイの色彩異常ではないかと思います.
ルリスズメダイは標本にする際に氷で絞めると
今回の画像の個体に近い色彩にめまぐるしく変化します.

添付は津波古さんと一緒に採集に行った時のものです.
擦れてぼろぼろになったのではなく,
このように色彩を変えてしまうのです.
b0100730_205798.jpg
と、以前ご一緒した際の標本写真も参考に送って頂いた。

言い換えると,自然状態でも何らかの原因で
同じような色彩になることがあり得るということです



なるほど。


細胞の事とか詳しい事はサッパリ解らないけど
ルリスズメダイは黒ずむ色素を体に持ってる、と言う事か。
ただ、標本の黒ずみ方と生体の黒ずみ方に、ちょっと違いは有る様に思う。
が・・それこそ個体差なのかもしれない。


ま、今後、フィールドで出来る楽しみとしては
この黒ずんだ個体が通常の色に戻るのか?とか
他にもどの程度、このような個体が居るものか?とか
常に居るのか?台風の後など天候・海況の急激な変化の後などに
突発的に現れるのか?とか・・とかとか。

そんなトコ注意して潜ってみようと思う。
皆様、是非ご一緒に!!(笑)






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その他 当店ブログ ・・・不定期更新中!


潜水案内~Okinawa~ 自己満足フォトギャラリー
海ュ~ジアム

沖縄本島で確認できた生物達(WEB図鑑) スズメダイ編
沖縄本島のスズメダイ

沖縄本島で確認できた生物達(WEB図鑑) ベラ編
沖縄本島のベラ

世界に散らばる日本人ガイド集団 ガイド会による、日替わり日記。
世界の海ブログ』 毎月28日担当。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by sensuiannai285 | 2012-10-20 21:40 | 海の生物雑談 | Comments(0)


<< 12.10.21 海(パトロー... 12.10.19 バイバイ、21号。 >>