11.3.3 出張の記憶 須江録その3
つづき・・

どれほど寒いのか??それが一番の心配事だったのだが
今回、滞在中は最高の天候で、水面休息中は外のテラスでのんびりできるほど。
水中は14℃ ドライにフードで、約60分強の潜水時間でも全然平気だった。
ビビリの僕はインナーはそれなりに着込んだけど・・(笑)


ザッと目に入るフグやカワハギの仲間もやはり沖縄とは違う。
『キタマクラ』
b0100730_17384196.jpg
他にもシマウミスズメやアオサハギの子、ヨソギなんかが当たり前にウヨウヨ泳いでいた。


岩陰に『ヤリイカの卵塊』を教えてもらった。
b0100730_1739585.jpg
よくよく見ると、小さな目もしっかり出来ている。
大型なアオリイカもたくさん泳いでいて
今回、漁師さんの釣った新鮮なイカ刺も御馳走になる機会もあった(嬉)
サバいたのは、イカ・タコの巨匠 プロカメラマン阿部 秀樹氏 (取材・撮影で滞在中)



砂地の海底にはニョロニョロ系が豊富。
『ダイナンウミヘビ』
b0100730_17512913.jpg

『ゴテンアナゴ?』
b0100730_175409.jpg

なんと、今回ナイトでこのニョロニョロ系の激しい捕食も見れたのだが・・・凄かった。



やはり本場。コケギンポの仲間もたくさん住んでいる。
どれも、また堂々としていて巣穴からガンガン乗り出してくる
b0100730_17574160.jpg

b0100730_1758020.jpg
写真はそんな風に撮れてはいないが・・・(笑)




安全停止中は

も・ち・ろ・ん
ヤドカリもチェック!!



コレがまた、ドレもコレも初見な種類ばっかり!
ヤドカリが全身出てくる“待ち”の何と楽しい事か♪

『テブクロイトヒキヤドカリ?』
b0100730_1821947.jpg


『ケブカヒメヨコバサミ?』
b0100730_1825868.jpg


・・・『????ちょっと調べ不足で、全く解らん』
b0100730_184412.jpg


・・『全く解らんその2』  ←2011/03/07追記 おそらく『ブチヒメヨコバサミ』
b0100730_1851399.jpg





この、今回潜った『内浦ビーチ』は冬場のみ潜水可能な
季節限定ポイントとの事だけど

季節モノとしては、今!お隣のビーチポイント『白野ビーチ』での
 “ナイトダイブ”も熱い!!と言う。

もちろん♪ 連れて行ってもらった。

僕のカメラ装備では、ほとんど画像は撮れなかったのだけど
今の時期特有らしい、キビナゴの超・超!超大群がビーチの浅瀬にビッシリ入って来る。
視界いっぱい、全てキビナゴの群れ・・コレだけで圧巻。

だが、メインディッシュはそのキビナゴを狙って集まってくる『カスザメ』
b0100730_18351810.jpg

狭い砂地に、何匹も集まるカスザメ。。僕もザッと7個体ほど簡単に見つけることが出来た。
この風景だけで、ビール我慢してナイトダイブる価値がアル!っちゅ~のに

しかも、さらにさらにの衝撃はバックバク キビナゴを捕食しているシーンが観られる事!!

その様子は紹介しないわけにはいかないので(笑)
須江ダイビングセンターのブログへジャン~プいたしま~す。


と、本当に刺激いっぱいの充実した出張となりまして
お世話頂いた皆様には感謝感謝です。
他所の海を見させて貰ったおかげで、沖縄の海の良さも再確認できたし
今後のガイド人生に大きく役立てていきましょう!!と。
[PR]
by sensuiannai285 | 2011-03-03 18:52 | 独り言・陸情報 | Comments(0)


<< 11.3.5 暖かな週末に 11.3.2 出張の記憶 須江... >>