11.1.17 一期一会
昨日は、ホント・・猛烈に寒かった!
奄美では雪も降ったと言うし、沖縄でもあちこちで
観測史上最低の気温を記録したとのこと。(数字にすると一番低かったトコロで6.6℃)


「この冬一番の寒気!」「この冬一番の冷え込み!」
・・毎度、寒波が来る度に“一番”を更新している気がする。

そんな寒さに立ち会えたことを幸運と。。。思えんワ~!!・・ブルブルッ


ま、そんな寒さも今日は緩んで。
日も射し!!とても良い天気。
午前中は事務仕事を済ませ、午後からプラッと一本潜ってきた。



沖の泥地を徘徊。透明度はフツーの上等(数字にすると4~5m)

『タンザクハゼ』
b0100730_21464990.jpg
等々、ハゼにカメラを向けてると





目の前に巨大な謎の物体が!

b0100730_21482628.jpg遠目には
大きなパイプが
沈んでるように見えた。

近づいてみると

細い軸に透明な
ゼラチンのような
フワフワが
等間隔に
びっしり付いている感じ。

長さが3m程あり
太さは直径で10cm程。

手持ちのレンズでは
その長さは表現出来なかった。

しっかし、こんなデカイ(長い)のは
初めて見た!けど・・

おそらく『サルパ』の
仲間だろうと思う。

(サルパとはクラゲのような形態をした生物だけど、似て非なる生物)


近づいてみると・・・



軸に規則的に“何か”付いてる。
b0100730_21543637.jpg
茶色い丸いものと(コレが小指の爪くらい)
ピンクっぽいダンゴムシみたいなものが見える。
b0100730_2275727.jpg
そして、そのピンクっぽいダンゴムシみたいなものは、蠢いていた。


アップに(トリミング)すると
b0100730_22102375.jpg
こんな感じ。





はっきりとした“種”は解らないけど、おそらく『タルマワシ』の仲間だろうと思う。
(タルマワシとは、サルパの中に住みサルパの中身を食べる特異な甲殻類)

もしかすると、茶色の粒はこの・・『タルマワシの仲間』の卵で
ダンゴムシみたいなヤツは、孵ったばかりなんじゃないかな?

この『タルマワシ』と言う、生き物!!図鑑で紹介されてる姿は
まるでエイリアンのような姿でちょっとカッコいい!!

これから何度か変態を繰り返してそのような
エイリアンチックな姿になっていくのかな??



ホントは、追って観察してみたいが・・・
この巨大な『サルパの仲間』は、ゆっくりと漂いながら
どこかへ消えていった。

一期一会っすわね。
[PR]
by sensuiannai285 | 2011-01-17 22:36 | 他にも謎の○○を追え | Comments(0)


<< 11.1.18 ミミック、カニ喰らう 11.1.14 趣味偏向へ >>